日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方  > 「年のせい」の不調はテストステロン不足にあった

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

「年のせい」の不調はテストステロン不足にあった

前立腺がん(第5回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

日経Goodayの男性読者なら誰もが気になる「前立腺がん」。『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』の著者であり、マンガも描ける医師である近藤慎太郎さんに解説していただきました。


前回から読む)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 それは何かというと、「テストステロン」です。

 皆さんご存知の通り、テストステロンは男性ホルモンの一種です。女性の場合、女性ホルモンの減少によって更年期症状が起こることはよく知られています。どういった症状が起こるのか、そしてどう対処すればいいのか、女性が歳を重ねる上で、非常に重要な問題として取り上げられてきました。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.