日経Gooday TOP  > からだケア  > 医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方  > 「年のせい」の不調はテストステロン不足にあった  > 2ページ目

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

「年のせい」の不調はテストステロン不足にあった

前立腺がん(第5回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

テストステロンの低下が巻き起こす様々な症状

 一方、男性ホルモンの増減については今まであまり注意が払われてきませんでした。「おそらく減るのだろうが、仕方がないことだ」という程度の認識の人が多いのではないでしょうか。女性のように、閉経のタイミングで様々な症状が顕在化するという分かりやすさがないことも影響しているでしょう。

 しかし近年の様々な研究の結果、男性の加齢に伴う仕方ない変化として捉えられてきた様々な症状の発現に、テストステロンの減少が深く関わっていることが分かってきました。

 例えば、EDは象徴的です。ほかにもテストステロンの減少は、「筋肉量の減少」や「肥満」、「骨密度の低下」といった肉体的な変化に関わっています。いずれも転倒や骨折、その結果としての寝たきりのリスクを上げる強力な因子です。

 精神・神経的な症状としては「うつ」があります。今までは「老人性うつ」は仕方のないこととして説明されてきました。うつは発症メカニズムを数値として捉えることが難しいため、診断・治療においては、個々の医師の裁量に負うところが大きいという限界もありました。

 しかし、もしテストステロン値を一つの指標として用いることができれば、予防や対処方法も変わってくるでしょう。さらには「認知症」。本人にとっても家族にとっても深刻な問題です。深刻な超高齢化が進む日本にとっては極めて大きな不安要素です。

 EDから筋肉量の減少、肥満、骨密度の低下、うつ、認知症……。一見してバラバラのこうした症状が、「テストステロンの減少」というキーワードで横断的に説明可能なのです。では、順を追って解説していきましょう。

20~30歳をピークに減り始めるテストステロン

 テストステロンは、主に精巣で産生されるホルモンです。男性の一次性徴、二次性徴を促し、精子形成に関与します。また血管を拡張したり、動脈硬化を抑制したりする作用があります。

 精巣のほかにも、身体の筋肉や脳の海馬でもテストステロンは産生されており、その場所その場所で、重要な役割を果たしています。いわば「地産地消」されているのです。

 テストステロンは筋肉の量と強度を保ち、骨密度を高め、脂肪細胞を減らすという男性的な肉体の維持に深く関わっています。脳神経系では、特に認知機能や集中力、リスクを取る判断と関係すると言われています。

 骨太でがっしりしていて、運動が好きで、強力なリーダーシップを持った人物像に当てはまる人もいるでしょう。もしかするとテストステロンが高いのかもしれません。テストステロンの作用は非常に多岐にわたっていて、しかも健康な心身の維持にとっては重要なものばかりなのです。

 そんな大事なテストステロンですが、体内の濃度は20~30歳にピークを迎え、その後は毎年少しずつゆっくりと減少していきます。加齢のほかにも、肥満や糖尿病、がん、低栄養、うつ病、精神的なストレスなどでテストステロンは減少してしまいます。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.