日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方  > 「年のせい」の不調はテストステロン不足にあった  > 2ページ
印刷

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

「年のせい」の不調はテストステロン不足にあった

前立腺がん(第5回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

テストステロンの低下が巻き起こす様々な症状

 一方、男性ホルモンの増減については今まであまり注意が払われてきませんでした。「おそらく減るのだろうが、仕方がないことだ」という程度の認識の人が多いのではないでしょうか。女性のように、閉経のタイミングで様々な症状が顕在化するという分かりやすさがないことも影響しているでしょう。

 しかし近年の様々な研究の結果、男性の加齢に伴う仕方ない変化として捉えられてきた様々な症状の発現に、テストステロンの減少が深く関わっていることが分かってきました。

 例えば、EDは象徴的です。ほかにもテストステロンの減少は、「筋肉量の減少」や「肥満」、「骨密度の低下」といった肉体的な変化に関わっています。いずれも転倒や骨折、その結果としての寝たきりのリスクを上げる強力な因子です。

 精神・神経的な症状としては「うつ」があります。今までは「老人性うつ」は仕方のないこととして説明されてきました。うつは発症メカニズムを数値として捉えることが難しいため、診断・治療においては、個々の医師の裁量に負うところが大きいという限界もありました。

 しかし、もしテストステロン値を一つの指標として用いることができれば、予防や対処方法も変わってくるでしょう。さらには「認知症」。本人にとっても家族にとっても深刻な問題です。深刻な超高齢化が進む日本にとっては極めて大きな不安要素です。

 EDから筋肉量の減少、肥満、骨密度の低下、うつ、認知症……。一見してバラバラのこうした症状が、「テストステロンの減少」というキーワードで横断的に説明可能なのです。では、順を追って解説していきましょう。

20~30歳をピークに減り始めるテストステロン

 テストステロンは、主に精巣で産生されるホルモンです。男性の一次性徴、二次性徴を促し、精子形成に関与します。また血管を拡張したり、動脈硬化を抑制したりする作用があります。

 精巣のほかにも、身体の筋肉や脳の海馬でもテストステロンは産生されており、その場所その場所で、重要な役割を果たしています。いわば「地産地消」されているのです。

 テストステロンは筋肉の量と強度を保ち、骨密度を高め、脂肪細胞を減らすという男性的な肉体の維持に深く関わっています。脳神経系では、特に認知機能や集中力、リスクを取る判断と関係すると言われています。

 骨太でがっしりしていて、運動が好きで、強力なリーダーシップを持った人物像に当てはまる人もいるでしょう。もしかするとテストステロンが高いのかもしれません。テストステロンの作用は非常に多岐にわたっていて、しかも健康な心身の維持にとっては重要なものばかりなのです。

 そんな大事なテストステロンですが、体内の濃度は20~30歳にピークを迎え、その後は毎年少しずつゆっくりと減少していきます。加齢のほかにも、肥満や糖尿病、がん、低栄養、うつ病、精神的なストレスなどでテストステロンは減少してしまいます。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.