日経Gooday TOP  > からだケア  > 熱中症だけじゃない! こんなに怖い「かくれ脱水」  > 医師が警鐘! 「脱水」「かくれ脱水」が引き起こす危険な病気  > 3ページ目

熱中症だけじゃない! こんなに怖い「かくれ脱水」

医師が警鐘! 「脱水」「かくれ脱水」が引き起こす危険な病気

第1回 脱水症は脳梗塞や肺炎の原因にもなる、健康長寿の大敵

 梅方久仁子=ライター

 脱水症には急性と慢性がある。急性の脱水症は、下痢や嘔吐、大量の汗などで急激に体液を失ったときに起こりやすく、その代表例は熱中症や、急性胃腸炎などに伴う脱水症だ。大人よりも水分の出入りが激しく、自分では症状に気付きにくい子どもは特に、急性の脱水症になりやすい。急性の脱水症は、点滴や経口補水液で速やかに治療すれば、回復も比較的早い(もちろん、脱水の程度にもよる)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

熱中症
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.