骨も皮も油もサバ缶なら全部いただける

「缶詰は生の魚にはかなわないのでは?」と思う人は、上の表を見てほしい。サバ缶は、生のサバや焼きサバよりも、ダントツにカルシウム量とビタミンD量が多い。加齢によって骨がもろく折れやすくなる「骨粗鬆症」予防のためにも、カルシウムは継続して取りたい栄養素。また、ビタミンDは腸管でのカルシウム吸収を促すので、これらをまとめて取ることができるサバ缶は優秀食材だ。

記事に戻る