日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「老けない人」の新常識  > 男性ホルモンは「若返りホルモン」だった!  > 2ページ

「老けない人」の新常識

男性ホルモンは「若返りホルモン」だった!

第1回 健康寿命を延ばす“新常識”とは?

 伊藤和弘=フリーランスライター

テストステロンが低い人は寿命が短い

 日経Goodayの男性読者にとっておなじみである男性ホルモン(テストステロン)は、筋肉を増やし、男らしい体を作るだけでなく、メンタル面でも大きな影響を与えることが広く知られるようになっている。社会の中で自分をアピールするのに欠かせない“社会性のホルモン”であり、低いとやる気が起こらず、うつ病になりやすくなる(*1)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.