日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 認知症を遠ざける食事の要諦  > 日本人が実践すべき「認知症のリスクを減らす食事」とは  > 2ページ

認知症を遠ざける食事の要諦

日本人が実践すべき「認知症のリスクを減らす食事」とは

第3回 「MIND食+減塩」の食生活を基本に、運動・知的活動も取り入れよう

 伊藤和弘=フリーランスライター

 塩分のとり過ぎがいけない最大の理由は、血圧を上げるためだ。塩分をとり過ぎると体内の塩分濃度を一定に保とうとして血液中に水分が取り込まれ、血液の量が増える。その結果、心臓はより多くの血液を送り出さなければならなくなり、血管にかかる圧力(血圧)が高くなる。高血圧の状態が続くと、心臓や血管にかかる負担が大きくなり、動脈硬化が進行。心臓病や脳卒中のリスクが高くなる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.