日経Gooday TOP  > からだケア  > “筋肉博士”石井直方の筋肉まるわかり大事典  > 体脂肪がゼロに近づくことによるメリット・デメリットは?  > 2ページ目

“筋肉博士”石井直方の筋肉まるわかり大事典

体脂肪がゼロに近づくことによるメリット・デメリットは?

第127回 体脂肪が少なすぎるのは危険! 男性アスリートなら10%が目安

 石井直方

不可欠な脂肪の量は、男性が体重の4%、女性は12%

 では、体脂肪はどのくらいあったらよいのでしょうか。これに関しては「不可欠脂肪」と言って、これ以上なくなると命に関わるという体脂肪の量が一応定められています。男性は体重の4%、女性は12%。女性の数値が高いのは、やはり妊娠や出産に大きくかかわってくるからです。赤ちゃんを産んで育てるには、エネルギーの余力が必要ですし、妊娠から分娩までの間も、脂質からできたホルモンが相互作用しながら働いています。女性の場合、12%を切ると生理が止まると言われていますが、これも子供を産み育てることができなくなりますよという警告だと考えられます。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り947文字 / 全文1548文字

この記事の概要

筋肉
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.