日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 筋肉を衰えさせない食事の極意  > 肉と大豆ならどっち? たんぱく質摂取の5大ポイント  > 2ページ

筋肉を衰えさせない食事の極意

肉と大豆ならどっち? たんぱく質摂取の5大ポイント

第3回 量だけでなく「質」も大きなポイント

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 必須アミノ酸は具体的に、バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジンの9つ。これらはたんぱく質を構成するパーツだ。それぞれに必要量があり、あるアミノ酸は大量にあるが、別のアミノ酸はほとんどない、というようなバランスが悪い状態だと、たんぱく質はきちんと合成できない。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.