日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 第3波を乗り切るためのコロナ対策  > 4ページ目
印刷

テーマ別特集

第3波を乗り切るためのコロナ対策

最も重要なのは「飛沫感染」が起こる場面を避けること

 日経Gooday編集部

インフルエンザ、肺炎球菌…今あるワクチンを味方につけよう

 新型コロナウイルスは、感染しても無症状のままで終わる人も一定数いることが分かっている。同じウイルスが体の中に入ってきても、重症化してしまう人と、発症すらしない人に分かれるのはなぜなのか。その理由は、その人の持つ「免疫力」の違いにある。

 免疫は、ウイルスや細菌などの病原体から体を守る大切なシステム。病原体が体に入ってくると、誰もが生まれながらに持つ「自然免疫」が働き、たとえそこを乗り越えた病原体がいても、今度はそれを「獲得免疫」が迎え撃つ。獲得免疫は生まれながらに備わっている自然免疫とは異なり、病原体との戦いを経て鍛えられ、その病原体のことを記憶して(抗体を作って)次の侵入に備えるという高度な機能を持っている。

 では、これらの免疫力を高めるにはどうすればいいのだろうか。

インフルエンザや肺炎球菌の予防接種も新型コロナ防衛策の1つになりそうだ。(C) adiruch-123RF
インフルエンザや肺炎球菌の予防接種も新型コロナ防衛策の1つになりそうだ。(C) adiruch-123RF

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之さんは、「それ単独で免疫を増強させる食品やサプリメントは皆無に近いと思われます」と話す。宮坂さんによると、科学的エビデンスのある免疫増強法としてお勧めできるのは、肺炎球菌による肺炎や、インフルエンザなど、ワクチンがある感染症についてはワクチンを接種することだという。

 ワクチンを接種する機会の多い子どもは、自然免疫と獲得免疫がそのたびに刺激され、訓練されている。子どもが新型コロナに感染しにくく重症化しにくいのは、そのことが一因ではないかと宮坂さんは話す。しかし、年をとってワクチン接種の機会が減ると、免疫が訓練される機会も減ってしまう。「高齢者も、毎年秋にインフルエンザ、そして肺炎球菌のワクチンを所定の時期にきちんと受けておけば、その病気の発症や重症化を防ぐだけでなく、免疫を訓練するという恩恵があるかもしれません」(宮坂さん)

 実際に、インフルエンザなどの予防接種を受けている人は、新型コロナに感染しにくい、あるいは感染しても重症化しにくい可能性があることが報告されている(関連記事「インフルエンザ予防接種がコロナの重症化リスク減少に関係」)。

 既にいくかの新型コロナウイルス用のワクチンが臨床試験を終え、実用化の日が近づいているが、現時点ではまだ接種を受けることができない。現時点でできる自己防衛策として、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチン(所定の接種年齢に該当する場合)を打っておくことは有効かもしれない。

血液やリンパの流れを良くして免疫力を高める3つのポイント

 これらのほかに、体の防衛能力を高めるためにできることとして、宮坂さんは「血管系やリンパ系の流れを良くすること」を勧める。

 「免疫に関わる細胞であるリンパ球は、血管とリンパ管を介して、病原体が侵入するリンパ組織(リンパ節や扁桃など)に出たり入ったりを繰り返し、全身をパトロールしています。ということは、リンパ球が病原体と出会う確率が高くなれば、病原体を撃退しやすくなります。そこで、リンパ球が全身を循環しやすいよう、血液やリンパの流れを良くすればいいわけです」(宮坂さん)

 血液やリンパの流れを良くするには、「過度のストレスを避ける」「適度な運動をする」「体温を少し上げる」の3つが主なポイントだという。ストレスがたまるとコルチゾールという副腎皮質ホルモンがたくさん作られる。コルチゾールは免疫系に関わるすべての細胞の数を減らしてしまうホルモンなので、ストレスがたまると免疫の働きが落ちてしまう。適度な運動を行うと、心拍数が増えて血液やリンパの流れが良くなる。さらに、「運動によって筋肉や骨を動かすと、サイトカインが適量作られ、免疫の仕組みが潤滑に機能するのです」と宮坂さんは話す。

 体温を上げることにも、血液やリンパの流れを良くする効果がある。風邪をひくと熱が出るが、「発熱はリンパ球の働きを高めるための防御反応の1つであり、体温が少し上がると免疫の力は全体的に高まると考えられています」と宮坂さん。体温を少し上げるためには、適度な運動に加えて、入浴もお勧めだ。これらのポイントを意識しながら、感染予防に努め、この第3波を乗り切っていこう。


新型コロナウイルス関連記事はこちら


先頭へ

前へ

4/4 page

新型コロナ
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.