日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 第3波を乗り切るためのコロナ対策  > 2ページ目
印刷

テーマ別特集

第3波を乗り切るためのコロナ対策

最も重要なのは「飛沫感染」が起こる場面を避けること

 日経Gooday編集部

 著者らはさらに、これまでに公開された症例報告やクラスター報告から得られたエビデンスとして、「新型コロナウイルスの主要な感染経路は、飛沫などに含まれたウイルスが鼻や口から入る経気道感染であり、感染者からの距離と換気の程度が、感染リスクの大きさに重要な影響を与える」としている。

 たとえば、電車内での感染の事例では、感染者の座席からの距離と、感染者と同じ車両内に滞在した時間が、感染リスクと密接に関係していた。また、フィットネス教室では、無症状の感染者であるインストラクターが狭い空間で多くの人とともに高強度の運動(息が荒くなる運動)を行ったクラスではクラスターが発生したが、少人数の生徒にピラティスを教えたクラスでは、二次感染は起こらなかった。

 換気の有無によるリスクの差も報告されている。中国の研究では、窓を開けていた家庭では、そうでなかった家庭に比べ、新型コロナウイルスの家族間の感染が少なかった。また、換気不良は、バーや教会などでの多くのクラスターの発生と関連づけられている。

感染者からの距離と換気の程度が感染リスクに大きく影響することが、さまざまな報告から裏付けられている。(C)Andriy Popov-123RF

本物のウイルスを使った実験でマスクの予防効果が明らかに

 飛沫感染を防ぐ上で、最も重要なのは三密(密集・密接・密閉)環境の回避だが、同時に強い味方となってくれるのが「マスク」だ。新型コロナウイルスが出現した初期のころは、マスクの主な効果は、感染した人がつけることで「周囲にうつさない」こととされてきたが、非感染者がつけることで「うつされない」効果も期待できることが分かってきた。これを実証したのが、東京大学医科学研究所の研究グループが、本物の新型コロナウイルスを使って行った実験だ(*2)。

 同グループは、口の部分に穴をあけたマネキンの頭部2つを、対面させた状態で密閉可能なケースに設置し、一方(排出側)から、霧状にした本物の新型コロナウイルスを、軽い咳と同じくらいの速度(2m/秒)で20分間放出させ、もう一方(吸入側)に接続した人工呼吸器のフィルターにどれくらいのウイルスが集まるかを測定した。

 このシステムを用いて、さまざまな条件設定の下で吸入側のウイルス量を測定したところ(*3)、ウイルス排出側がマスクをしていなくても、吸入側がマスクをしていれば、吸入するウイルスの量は減少する傾向が見られた(下表)。つまり、非感染者の日常的なマスクの着用が、感染防御にある程度有効であることが示唆されたのだ。

50cmの距離で「ウイルス吸入側のみマスク着用」の場合
吸入側着用マスクの種類力価RNA量
マスクなし参照参照
綿マスク17%*37%*
サージカルマスク47%*50%
N9557%*86%
N95(隙間を密閉**)79%90%
*参照との間に統計学的有意差なし **粘着テープを使ってマスクと顔の間の隙間を全て密閉
*2 Ueki H, et al. mSphere. 2020 Oct 21;5(5):e00637-20.
*3 力価(ウイルス力価)は、感染性を持つウイルスの量のこと。N95は、医療現場で用いられるフィルター性能の高いマスクのこと。
新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.