日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 第3波を乗り切るためのコロナ対策
印刷

テーマ別特集

第3波を乗り切るためのコロナ対策

最も重要なのは「飛沫感染」が起こる場面を避けること

 日経Gooday編集部

新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集 第3波を乗り切るためのコロナ対策

Index 1

最も重要なのは「飛沫感染」を避けること

Index 2

本物のウイルスを使った実験でマスクの予防効果が明らかに

Index 3

インフルエンザ、肺炎球菌…今あるワクチンを味方につけよう


 新型コロナウイルスが再び勢いを増し、日本は今、第3波のただなかにある(図1)。全国の新規陽性者数は第2波のピーク時を超え、1日2500人を上回る日も出てきた。重症者数も450人を超えるまでに急増し、医療機関の診療体制を圧迫している。

図1 新型コロナウイルスの新規陽性者数と重症者数の推移
新規陽性者数
[画像のクリックで拡大表示]
重症者数
[画像のクリックで拡大表示]
(左)新規陽性者数は第2波のピーク時を超え、1日2500人を上回る日も。累計感染者数は14万4424人に上った。(右)重症者数も急増している。(11月27日時点)

 自分がコロナに感染して重症化したり、最悪の場合命を落とすという事態はもちろん避けたいし、たとえ軽症で済んだとしても、再感染したり、長期間にわたって疲労感などの後遺症に悩される可能性もある。また、患者が急増すると、医療崩壊が起こり、コロナ以外の急病や事故で救急搬送が必要になった際に、受け入れ先の医療機関がなかなか見つからなかったり、がんなどの病気の手術がなかなか受けられなくなってしまう恐れもある。

 感染者の急増を抑え込むためには、1人1人が気を引き締め、感染リスクの高い行動を避けて生活することが大切だ。

 幸いなことに、このウイルスが流行し始めた当初に比べると、世界中でさまざまな研究データが蓄積され、感染が起こりやすい場面や、効果的な予防策などが明らかになってきている。それらの知見を以下にまとめていこう。

最も重要なのは「飛沫感染」を避けること

 新型コロナウイルスがどのように感染を広げていくかについて、米国の研究グループがその特徴をまとめたものが、以下の表だ(*1)。

これまでに明らかになった新型コロナウイルスの感染の特徴

  • ほとんどの感染は鼻や咽頭を介して発生し、経路は主に飛沫感染である
  • マスクは感染を抑制するために有効な手段である
  • 発症前の患者や無症状の感染者からもウイルスは排出される
  • 1人の患者から感染する患者の数は一定ではなく、スーパースプレッダーが感染拡大に主な役割を果たしている
  • クラスターは、換気の悪い室内に多くの人がとどまる状況下でしばしば発生している

 さまざまな物質の表面に付着した新型コロナウイルスが、感染力を持った状態でどのくらい長く存在しているのかについて調べた実験結果は複数報告されている。例えば、サージカルマスクの内側に付着した場合は少なくとも4日後、外側(表面)では7日後まで感染力を持つことが、香港大学の研究者が行った実験で明らかになっている(関連記事「新型コロナ、サージカルマスクの表面で7日間感染力を示す」)。

 だが、リアルワールドにおいて、環境に存在しているウイルスに触れた手などを介した接触感染が、実際に起きたことを明確に示したエビデンスは、これまでのところ得られていない。感染者が生活していた場所や使用した食器から検出される新型コロナウイルスの量は、本人の鼻や咽頭の中に存在するレベルに比べて非常に少ないことが分かってきており、論文の著者らは、「接触感染は起こりうるが、非常に特殊な条件でのみ発生するのではないか」と述べている。

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.