日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方  > 5ページ目
印刷

テーマ別特集

宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

ビールだけを避けても意味がない? 唐揚げとポテトサラダ、どっちがNG?

 日経Gooday編集部

中性脂肪が気になる人は「脂身」より「糖質」に注意!


 最後に取り上げるのは「中性脂肪(トリグリセリド)」だ。中性脂肪は、コレステロールと並ぶ脂質の1つで、食べ物から直接体に取り込まれるほか、食事でとったエネルギーが余ると肝臓で合成され、体脂肪として蓄えられる。

 中性脂肪は、食べ物が足りないときのエネルギーの貯蔵庫、内臓の保持、体温を一定に保つなどさまざまな働きをしている。だが、血中に増えすぎると(高トリグリセリド血症)、血液がドロドロの状態になって血管が老化し、動脈硬化を加速させ、心筋梗塞、脳梗塞といった重篤な疾患を引き起こす原因になる。

 この中性脂肪、一般に飲酒によって上がるといわれている。だが、中性脂肪やコレステロール、脂肪肝関連の著書を多く手掛けてきた栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんは、こう話す。「確かに、アルコールを“大量に”摂取すると中性脂肪を増やすことにつながると言われていますが、アルコール単体では中性脂肪の数値はなかなか上がらないと私は考えています」。実際、日本酒で1~2合くらいまでの飲酒(アルコール量20~40g未満)であれば、中性脂肪値は上がらないという報告も出ている。

 では、お酒を飲む人に中性脂肪が高い人が多いのはなぜだろうか。

 「答えは簡単。おつまみを食べ過ぎているんです。最初からポテトサラダを食べちゃうような人は、たいがい中性脂肪が高いですね。お酒を飲まない人でも、食べ過ぎの人は中性脂肪が高くなりがちです」(栗原さん)

 おつまみがなぜ中性脂肪を増やすのか。中性脂肪というからには、やはり脂身の多い肉や揚げ物などが問題なのだろうか。

 「中性脂肪は、糖質によって増えます。糖質はカラダの中に入るとブドウ糖となり、小腸で吸収され、血液へと送られます。すると血糖値が急上昇し、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが多量に分泌されます。そして、血液中の糖は中性脂肪となり、肝臓や脂肪細胞に蓄積されるのです。中性脂肪を下げるには、血糖値が急上昇しないような食事にする必要があります」(栗原さん)

 つまり、前述した食後血糖値を上げないためのおつまみ選びは、中性脂肪を上げないためにも有効なのだ。栗原さんは、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を増やさないためにも、積極的に摂取してほしい食材があると話す。具体的には、図6の食品群だ。「頭文字を取って、『オサカナスキヤネ』と覚えておきましょう」(栗原さん)

図6 積極的に摂取したい食材「オサカナスキヤネ」

 こうした食品選びに加え、栗原さんは「食べる順番やスピードも大事」だと話す。「食べるスピードはゆっくりと。早食いはドカ食い、肥満のもとです。1回の食事に15分かける『スロー食べ』を意識してください。こうした食べ方を習慣にできれば中性脂肪が上がりにくくなります」(栗原さん)。

Point

中性脂肪が増える元凶は糖質のとりすぎ。糖質の多いおつまみを避け、『オサカナスキヤネ』を積極的にとろう。

 いかがだっただろうか。飲み過ぎに気をつけ、おつまみ選びを工夫することで、尿酸値、血糖値、中性脂肪を上げずに宴会シーズンを乗り切ることは可能だ。さらに、休日や隙間時間を利用して、ジョギングなどの有酸素運動、スクワットなどの無酸素運動(筋トレ)をバランスよく行っていこう。


★シリーズ13万部突破★
酒好きの福音書、待望の続編!

『酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方』

健康に与えるリスクを最小限に抑えつつ
お酒を美味しく楽しむ「最高の飲み方」を酒好き医師が教えます

血糖値、中性脂肪、糖化、尿酸値、酒乱…
最新の研究に基づく
知っておきたいお酒に関する新知識、ウンチク満載!

■葉石 かおり(著)、浅部 伸一(監修)
■日経BP刊/1540円(税込)

先頭へ

前へ

5/5 page

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.