日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方
印刷

テーマ別特集

宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

ビールだけを避けても意味がない? 唐揚げとポテトサラダ、どっちがNG?

 日経Gooday編集部

年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集「お酒と尿酸値・血糖値・中性脂肪」

Index 1

尿酸値が気になる人はビールを避けるべき?

Index 2

食後高血糖を抑える飲み方の鉄則は?

Index 3

中性脂肪が気になる人は「脂身」より「糖質」に注意!


 毎日の晩酌は欠かせないという人はもちろん、普段はそこまでお酒を飲まない人でも、宴会が続く季節は自然と酒量が多くなり、暴飲暴食を重ねがち。そうなると気になるのが「体重の増加」と、「検査値への影響」ではないだろうか。

 「尿酸値が高くて、いつ痛風になるかとビクビクしている」

 「この前の健康診断で血糖値が上がっていたな…」

 「お酒は飲みたいけど、中性脂肪を増やしたくない!」

 …そんな働き盛りのGooday読者のために、今回は、「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」の数値を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツを、過去の人気記事からまとめてみよう。

尿酸値が気になる人はビールを避けるべき?


 お酒が好きな人、特にビール党が気になる検査値の代表といえば、「尿酸値」ではないだろうか。健康な人の尿酸値は5.0~6.9mg/dL程度だが、この値が7.0mg/dLを超えてくると「高尿酸血症」と呼ばれ、血液中の尿酸が結晶化しやすくなる(図1)。

 結晶化した尿酸は関節にたまって炎症を起こし、やがて足の指、膝などに激しい痛みを引き起こす。これが痛風の発作だ。痛風は正確には「痛風関節炎」といい、その痛みは「風が吹いただけで痛む」というほどの激痛だという。

 尿酸値が高い人がもれなく痛風発作を起こすわけではない。だが、尿酸値が高くなるほど、痛風発作を起こすリスクは高まっていく。それだけではない。尿酸値が上昇するにしたがって、糖尿病や高血圧、脂質異常症などを合併する人が増え、腎機能が低下したり、尿路結石ができやすくなったりする。無症状だからといって、尿酸値の上昇を放置していると危険なのだ。

図1 尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症
図1 尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症
『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版』(日本痛風・核酸代謝学会 ガイドライン改訂委員会)を基に編集部で作成

 この尿酸は、プリン体という物質から作られる。プリン体は、細胞内の核酸を構成する物質の1つで、細胞の中に必ず含まれている。尿酸は体内のプリン体が分解されるときに生じる老廃物だ。プリン体の7~8割は体内で作られ、残り2~3割が食品から取り込まれる。このため、血液検査で尿酸値が高い人は、プリン体を含む食品や飲料を控えたほうがいいといわれる。

 100g当たりに200mg以上のプリン体を含むものを高プリン体食品という(図2)。高プリン体食品は、動物の内臓や魚の干物などに多い。お酒ではビールが代表格だ。

図2 プリン体が多い食品
図2 プリン体が多い食品
『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版』(日本痛風・核酸代謝学会 ガイドライン改訂委員会)より

1/5 page

最後へ

次へ

飲酒
痛風・尿酸
中性脂肪
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.