日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法  > 2ページ目

テーマ別特集

健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

賢い「主食の選択」とは? 注目の穀物「大麦」の健康効果を正しく理解

 日経Gooday編集部

主食の穀物は最も重要な食物繊維の摂取源だった

 現代の日本人の食物繊維の摂取状況はどうなっているのだろうか。

 私たちが健康を維持するために摂取すべきとされる1日当たりの食物繊維の摂取目標量は、男性20g以上、女性18g以上だ(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」)。しかし、実際の摂取量は成人男性で15.4g、成人女性で14.7gとおよそ4~5g不足していることが分かる(厚生労働省「国民健康・栄養調査(平成27年 )」)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.