日経Gooday TOP  > からだケア  > テーマ別特集  > 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには  > 2ページ目

テーマ別特集

怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

 日経Gooday編集部

緑内障の約7割は、眼圧検査では見つからない「正常眼圧緑内障」

 私たちの眼球は、房水(ぼうすい)という液体で満たされている。房水は、毛様体(もうようたい)という場所で作られ、眼に必要な栄養を運びながら循環し、隅角(ぐうかく)という部分からフィルターにあたる線維柱帯、出口となるシュレム管を通って排出される。房水が一定の圧力(正常範囲:10~21mmHg)で循環することで、眼球は一定の形状を保っているわけだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3460文字 / 全文4517文字

この記事の概要

キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.