日経Gooday TOP  > からだケア  > 健康寿命を左右する主食の選び方  > 内臓脂肪が減る、血糖値上昇も抑える…大麦が注目される4つの理由  > 3ページ目

健康寿命を左右する主食の選び方

内臓脂肪が減る、血糖値上昇も抑える…大麦が注目される4つの理由

第2回 世界が認める大麦の健康効果、腸内環境の改善にも効果

 柳本 操=ライター

水溶性と不溶性がセットになると、より効果的に

 青江さんは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はそれぞれに重要な役割があり、さらにセットで効果を発揮すると話す。

 「食物繊維と腸内細菌叢(そう)の関わりは、近年、まさに世界の研究者の注目の的となっています。不溶性食物繊維の働きで今注目されているのは、腸の表面を覆い、病原菌などから腸を守り、免疫力を高める粘性物質を増やす働きです。不溶性食物繊維が腸に物理的な刺激を与えることによって、この粘性物質が増えることが分かってきました。一方、水溶性食物繊維は腸内細菌のエサになるため、積極的に腸内環境を整える役割が高い。ところが、摂取量が少ないと腸の奥までは届きにくいのです」(青江さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.