日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消  > 【腰が痛い】職場で起こる「腰痛」を防ぐには
印刷

「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消

【腰が痛い】職場で起こる「腰痛」を防ぐには

第4回:厚労省『職場における腰痛予防対策指針』に学ぶ

 梅方久仁子=フリーライター

 そもそも腰痛を起こさないためには、どうすればよいのだろう。腰痛は日常生活のあらゆる場面で、様々な原因で起こる。中でも職場では、長時間過ごすうえに、つい無理をしがちだから、腰痛のきっかけは多そうだ。職場で起こる腰痛を考えれば、腰痛全体の原因や予防法が、見えてくるのではないだろうか。
 厚生労働省では、労働災害としての腰痛を防ぐために『職場における腰痛予防対策指針』を作成している。そして2013年に19年ぶりにこの指針が改訂された。改訂された指針を基に、腰痛の予防法を探ってみよう。

『職場における腰痛予防対策指針』とは?

蓋盛拓海(ふたもり・たくみ)氏<br>厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課・厚生労働技官<br>「改訂のポイントは、領域を介護・看護従事者にも広げたこと、なるべく機械の力を使って人力で持ち上げないこと、リスクアセスメントという手法を取り入れるよう勧めていることです」
蓋盛拓海(ふたもり・たくみ)氏
厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課・厚生労働技官
「改訂のポイントは、領域を介護・看護従事者にも広げたこと、なるべく機械の力を使って人力で持ち上げないこと、リスクアセスメントという手法を取り入れるよう勧めていることです」

 厚生労働省では労働災害としての腰痛を防ぐために、1994年に『職場における腰痛予防対策指針』(以下、『指針』)を作成した。そのかいもあって、職場での腰痛発生件数は減ってきた。ただ、2000年に介護保険制度がスタートして介護サービス業が発展したこともあり、保健衛生業(介護・看護系)での腰痛発生件数は、年々増大している。また、この連載でも紹介してきたように、最近、腰痛治療については医学的に大きな進展があった。そこで、取り上げる領域に介護・看護系を含め、全体を見直して新しい知見を取り入れる形で、2013年に『指針』を大幅改訂したというわけだ。

 この連載では、主にオフィスで働くビジネスパーソン向けに腰痛への対処法を紹介してきた。『指針』は職場の安全衛生管理の基準を示したものだから、個人向けではないし、オフィスワーカーにはあわない部分もある。それでも、医学的な腰痛の原因や予防策は同じだから、『指針』には参考にするべき点が多い。

 そこで、『指針』とその解説の中から、腰痛の原因や予防策について、オフィスワーカーにも役立ちそうな部分をピックアップして紹介しよう。オリジナルはネットで公開されているので、興味があったらチェックしてみてほしい(『職場における腰痛予防対策指針及び解説』)。

災害性腰痛は、いわゆるぎっくり腰など急性のもので、非災害性腰痛は、慢性のもの。労働災害情報なので、業務が原因だとはっきりしているもののみの数字だ。平成25年1年間に4438件の腰痛が発生し、そのうち1339件が保健衛生業
災害性腰痛は、いわゆるぎっくり腰など急性のもので、非災害性腰痛は、慢性のもの。労働災害情報なので、業務が原因だとはっきりしているもののみの数字だ。平成25年1年間に4438件の腰痛が発生し、そのうち1339件が保健衛生業

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.