日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消  > 【腰が痛い】知っておきたい「腰痛」受診のコツ  > 4ページ
印刷

「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消

【腰が痛い】知っておきたい「腰痛」受診のコツ

第2回 病院、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティック……、どこへ行けばいい?

 梅方久仁子=フリーライター

治療の流れはこうなる

 受診した後、どういう流れで診断や治療が行われていくのかを見てみよう。『腰痛ガイドライン2012』の診断手順を元に腰痛の治療の流れを図に示した。

[画像のクリックで拡大表示]

 最初は問診と身体検査で、「危険信号があるか」「神経症状を伴うか」をチェックする。どちらかがあればより詳しい検査を行い、その結果に応じて治療していく。

 どちらもない場合には「非特異的腰痛」として、症状に応じて鎮痛薬や運動療法などの治療を行う。

 非特異的腰痛とは、原因がはっきりしない腰痛全般を指す。原因不明というよりも、あえて徹底的には調べないことが多い。けっして手を抜くわけではなく、時間やお金をかけて検査をしても治療法や治療成績が変わらないため、あえて検査しないほうが患者にとってメリットが大きいということだ。4~6週間経過を観察して効果がなければ、あらためて詳しく原因を探ることになる。

 なお、医師の考え方などで、細かい治療法が違ってくることはある。例えば、日本では問診の後にレントゲンを撮り、それから身体所見を取るのが一般的だが、欧米では最初はレントゲンを撮らないことが多い。「レントゲンを撮らないなんておかしい」と決めつけないで、疑問に思ったら聞いてみるといいだろう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.