日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消  > 【腰が痛い】知っておきたい「腰痛」受診のコツ  > 3ページ目
印刷

「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消

【腰が痛い】知っておきたい「腰痛」受診のコツ

第2回 病院、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティック……、どこへ行けばいい?

 梅方久仁子=フリーライター

最初は、整形外科専門医に診てもらおう

 腰痛は、どこで受診すればいいのだろうか。まず思いつくのは整形外科だが、街のクリニックから大学病院まで、整形外科の看板を掲げる医療機関は多い。長く通うなら近所のクリニックが便利だし、難しい症状なら大病院がいいかもしれない。

 状況にあわせて選べばいいが、最低限、日本整形外科学会が認定した"整形外科専門医"に診てもらうのがお薦めだ。

 専門医・認定医とは、学会などがその分野で一定の知識・技術・経験を持つと認めた医師を認定するものだ。整形外科専門医であれば、整形外科の分野で一定以上のスキルを持つことが、保証されている。

 日本整形外科学会のホームページには、整形外科専門医の名簿が都道府県別に掲載されている。氏名の一覧だけではわかりにくいが、勤務先の住所や名称で検索できる。住所の一部や医療機関名で検索し、確認するとよいだろう。

 整形外科専門医の診察を受ければ、診断や治療方針が、それほどずれることはない。いったん診断を受けた後に、必要なら医師に相談して、近所のかかりつけ内科医に薬の処方を頼んだり、大病院に紹介してもらったりすることもできる。

 腰痛の場合、診察を受けて治療を受けても、すぐには症状が改善しないことがある。数週間経っても効果がないと、「ひょっとしてヤブ医者かも。もっと大きな病院に行った方がいいのかな」などと思いがちだ。しかし、腰痛治療は経過を見ることが大切だ。次々と受診先を変えると、検査も診察も最初からやり直し、経過観察もやり直しということになりかねない。受診先をあまりころころ変えずに、できれば同じ医師にかかったほうが得だ

 もっとも医師も人間なので、相性がよくない人はいる。腰痛治療は長いつきあいになることもある。どうしても性格があわないと思ったら、別の医師にかかるのもやむをえない。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.