図1 インターバルウォーキング

運動強度の高いウォーキングと、普通のウォーキングを一定間隔で繰り返すことで、多少楽に感じながらも目標の運動強度を維持して長距離を歩けるようになる。

記事に戻る