日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 中野ジェームズ修一監修! 絶対に成果が出るウォーキング  > ウォーキングをレベルアップするカギはコース選びにあり!  > 3ページ

中野ジェームズ修一監修! 絶対に成果が出るウォーキング

ウォーキングをレベルアップするカギはコース選びにあり!

【応用編】第2回 レベル別に3つのコースを用意して歩き分ける

 松尾直俊=フィットネスライター

 「例えば、2kgのダンベルでアームカール(*1)を繰り返していると、初期の頃は上腕部の筋肉が発達しますが、一定レベルに達すると逆に細くなるという現象が起こることがあります。これは同じ刺激を繰り返し受けているうちに、体がそれ以上のパワーは必要ないと判断して、より少ない筋肉で効率良く動く方向にシフトしてしまうためです。人間の体にはもともと、飢餓に備えて、活動エネルギーになる脂肪の蓄積を優先させる働きがあります。筋肉は大量のエネルギーを消費する器官なので、その量は常に必要最小限に抑えようとするのです」(中野さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.