日経Gooday TOP  > からだケア  > 不調を吹き飛ばせ! 男性ホルモンがあなたを変える  > 夜中トイレに起きたら「男性ホルモン低下」を疑え!  > 4ページ目

不調を吹き飛ばせ! 男性ホルモンがあなたを変える

夜中トイレに起きたら「男性ホルモン低下」を疑え!

第1回 男性ホルモンが低いと死亡リスクも高まる

 松尾直俊=フィットネスライター

脳梗塞や心筋梗塞につながる恐れも

 テストステロン不足による不調は、性的な機能の低下だけでなく、脳梗塞や心筋梗塞などの疾患のリスクが高くなることも分かっている。実際、男性ホルモンのレベルを4段階に分けて検証したデータがある。それによると、男性ホルモンの値が最も高いグループの人たちと一番低いグループの人たちを比較すると、高い人たちは脳梗塞や心筋梗塞といった血管系の病気にかかる割合が約5割も少なく、がんに罹患する割合も約3割少なかったという。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り1814文字 / 全文3455文字

この記事の概要

男性ホルモン
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.