日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 明日は変えられる。  > 【PR】男性も他人ごとではない「貧血」と「腎臓」の深~い関係  > 2ページ目
印刷

明日は変えられる。

【PR】男性も他人ごとではない「貧血」と「腎臓」の深~い関係

高地トレーニングが創薬のヒントに

 荒川直樹=科学ライター

30年近く、注射剤が唯一の治療選択肢

 現在行われている腎性貧血の治療は、腎臓から十分に分泌されなくなったエリスロポエチンと同じ働きをする薬を注射で投与するというもの。治療に使う薬はESA(赤血球造血刺激因子製剤)と呼ばれ、世界初の遺伝子組み換え製剤として1989年に米国で上市されて以来、現在までに数種類が発売されているが、いずれも静脈内投与、皮下投与の注射剤だ。

 そんな治療環境の下、患者や現場の医師からは新たな治療の選択肢(薬)が求められている。

※イメージ写真
腎機能が低下した「慢性腎臓病」の人が、しばしば合併する「腎性貧血」。新しい作用メカニズムの治療薬へのニーズが高まっている。(c)hywards-123RF

「高地トレーニング」の原理で赤血球を増やす

 新しい作用メカニズムを持つ腎性貧血治療薬の開発が、現在、世界各国で進められている。そのトップランナーの一つが、「人間の体にもともと備わっている、エリスロポエチンを増やすメカニズムを利用した薬」だと川崎氏は説明する。

 例えば、高山など酸素濃度が低い環境で酸欠(低酸素状態)になったとき、人の体には、エリスロポエチンをつくり出して赤血球を増やし、酸素運搬効率を高める働きが備わっている。この働きを利用して身体能力を高めているのが、スポーツ選手が行っている「高地トレーニング」だ。

 では、低酸素状態になると、なぜエリスロポエチンがつくり出されるのか。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.