日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 明日は変えられる。  > 【PR】お産で膀胱や直腸に穴が開く? 「産科フィスチュラ」の過酷な現実
印刷

明日は変えられる。

【PR】お産で膀胱や直腸に穴が開く? 「産科フィスチュラ」の過酷な現実

アフリカを中心に困難に直面する患者への支援活動が活発化

 荒川直樹=科学ライター

いまなお高いアフリカの妊産婦死亡率

 かつて女性にとって妊娠・出産は命がけのイベントだった。日本で最初に妊産婦死亡率(出産10万件あたりの妊産婦死亡数)が算出された1899(明治32)年の値は409.8。出産244件に1人の妊婦が亡くなっていたことになる。

 その後、日本では帝王切開などの産科医療の普及や救急医療体制の整備によって、難産で亡くなる人の数は減り続け、1963年の妊産婦死亡率は100以下となる92.7を達成。2007年以降は、世界最高水準の5以下で推移している。

 しかし、世界を見渡せば現在でも産科医療の恩恵を十分に受けられず、妊産婦死亡率が高い国は少なくない。WHOは、2013年に地域別の妊産婦死亡率を概算した。中東170、東南アジア190など今でも100以上の地域が存在するが、なかでもアフリカは500と際だって高い。100年以上も前の日本と同様の状態にあるといっていい。

難産から生還した女性を待ち構える産科フィスチュラ

 妊産婦死亡率の高い国では、例え難産から命が助かったとしても、さらにつらい運命が待ち構えている。それが「産科フィスチュラ」だ。

 フィスチュラ(Fistula:瘻孔)とは、医学用語で外傷・潰瘍などで体内にできた「穴」を意味する。難産(分娩遅延など)のとき、帝王切開など適切な助産措置が受けられないと、分娩は1日以上、ときに1週間以上に及ぶこともある。その多くは死産となるが、このとき胎児の頭部が骨盤を圧迫し続け、産道周辺の血流が滞ることで膣、膀胱、直腸の一部が壊死。その部分に穴が開き、膣が膀胱や尿道、直腸とつながってしまうのが産科フィスチュラだ。

 産科フィスチュラになると、適切な修復手術を受けない限り、尿や便が常に膣口から流れ出し(失禁)、皮膚病や腎臓病など慢性的な疾患を引き起こすことも少なくない。長時間の難産によって引き起こされる合併症の中でも、最も深刻な疾患の一つといっていいだろう。

図1 産科フィスチュラ
難産で長時間圧迫され続けたことにより、母体の膣、膀胱、直腸の一部が壊死し、穴が開く(図の白い部分)。その穴を通じて、膀胱からの尿や直腸からの便が、絶えず膣から流れ出してしまう。

社会から見放され、孤独と貧困を強いられる患者

 産科フィスチュラは、先進国ではすでに撲滅されている病気だが、アフリカ、中東、南アジアなど30カ国以上で現在も患者が発生し続け、患者数は少なく見積もった場合でも100万人に達する。米国カリフォルニア州サンノゼに拠点を置く慈善団体「フィスチュラ基金」のCEOケイト・グラントさんは、2017年12月に都内で開催された講演会で開発途上国における産科フィスチュラの現状を報告した。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.