日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 明日は変えられる。  > 【PR】お産で膀胱や直腸に穴が開く? 「産科フィスチュラ」の過酷な現実  > 3ページ目
印刷

明日は変えられる。

【PR】お産で膀胱や直腸に穴が開く? 「産科フィスチュラ」の過酷な現実

アフリカを中心に困難に直面する患者への支援活動が活発化

 荒川直樹=科学ライター

図3 フィスチュラ基金がこれまでに援助を行ってきた産科フィスチュラ修復手術の件数
2009年からの9年間で、計3万883人の患者が手術を受けた(集計時点で手術予定の患者も含む)。多くの女性がつらい症状から解放された。(資料提供:フィスチュラ基金)

 フィスチュラ基金も各国でさまざまな支援活動を行ってきたが、2014年からはケニアで新たなプログラムを展開し注目を集めている。それが日本の製薬企業であるアステラス製薬の支援を受け、ケニアで実施している「フィスチュラ基金プログラム Action on Fistula」だ。

 ケニアでは、現在でも1000回の分娩で1件から2件の産科フィスチュラが生じているといわれており、年間ではおよそ3000例に上る。「Action on Fistula」は、このケニアで「産科フィスチュラ根絶」のためのモデル事業を構築しようとする試みだ。アステラス製薬は、プログラムの実行に必要な資金を拠出するとともに、モデルづくりそのものにも深く関わってきた。

 「Action on Fistula」が最初に掲げた目標は「ケニアに、できるだけ多くのフィスチュラ患者の治療を行える医療体制を築くこと」だ。では、フィスチュラ撲滅のために「まず治療ありき」なのはなぜか。グラントさんは「産科フィスチュラは、決して複雑な病気ではなく、予防も治療も実現可能です。ただ予防のためには、ケニア国内の産科医療、救急医療のインフラを整備するなど莫大な費用と時間がかかる。費用対効果を考えれば、まず患者の治療を優先すべきと判断した」と話す。

専門の外科医を育成し治療ネットワークを構築

 治療の拡大のためにまず必要なことは、外科医の育成だった。手術(フィスチュラ修復術)は、膣、膀胱、直腸などに開いた穴をふさぎ本来の機能を取り戻すためのもので、トレーニングを受けた外科医が行えば患者が治癒する率は80~90%に上る。洗練された医療器具を必要とするものではないが、技術的に難しい手術であるため、現地の外科医はフィスチュラ修復手術に進んで取り組もうとはしてこなかった。

ケニアに開設されたフィスチュラ治療センターのオープニングセレモニーでの1コマ。(写真:Georgina Goodwin)

 2014年からのプログラムでは、6人の外科医に研修を行い、FIGO(国際産婦人科連合)が定めた基準を満たすフィスチュラ専門外科医を養成した。これによってケニアでの外科手術の提供能力が大幅に拡大したという。また、ケニア国内6カ所の治療センターで常時、手術治療を行うフィスチュラ治療ネットワークを構築することもできた。

 グラントさんは、「アステラス製薬の支援で実現した治療ネットワークにより、ケニアでの治療状況を一変させることができた。治療数はプログラムの最初の3年間が終了する2017年の4月末までに2554人となった。これはプログラム開始当初の目標の2倍以上であり、大変驚いている」と話す。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.