日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > どんな人も、疲れると「寛容力」が下がる  > 2ページ目
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

どんな人も、疲れると「寛容力」が下がる

イライラしたら、まずは休むのが効果的――『寛容力のコツ』の著者に聞く(第3回)

 柳本操=ライター

その疲労がさらに進むと、うつっぽくなるのですね。

下園さん そうです。イライラするエネルギーすら尽きてしまい、涙が止まらなくなるなど、感情を抑制できなくなったり、感情そのものが出てこなくなったりします。こうなると「うつ病」という診断名がつきます。

 「プチうつ」のときには、自分が理解されず、気遣ってもらえないことへの被害者意識が大きくなります。しかし、このようなときは、周囲がどうこうではなく、自分をケアするために、「休む」のが一番の対処法となるのです。

3日間、集中して休んでみよう

「休む」方法として、「3日間、集中して休む」というやり方が著書では紹介されています。ひたすら眠り、本も雑誌も読まない、ネットからも距離を置く。食事は出前をとるか事前に買い込むなど、とにかく何もしないことが大切なのですね。うっかり、「休んだときこそ自分を見つめ直そう」などと考えて、自己啓発書を読もうとする人もいそうですが。

[画像のクリックで拡大表示]

下園さん だまされたと思ってやってみてほしい。とても役立つ方法です。そもそもこれは戦場で生まれた知恵なのです。戦場に行くと、肉体的にも精神的にも、過酷な状況であるためにあっという間に消耗し、疲弊し、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。かつてはこれは精神疾患によるものだと思われていたのですが、あるとき「とりあえず休ませよう」と3日間、何もしないで休息させてみると、非常に効果的だったのです。

 現代人が元気を取り戻すためのポイントは、とにかく、刺激から離れて休憩をすること。原始人のときであればエネルギーを取り戻すためには「食べること」が重要だった。しかし今、パソコンやスマホのおかげでどうしても24時間態勢で頑張り続けなければいけない現実があります。だからこそ、ネットやメールといった「感情への刺激」から離れ、何もしないことが大切なのです

その「休みどき」が自覚できない人がいるかもしれません。

下園さん その通り。今、あなた自身の体にスマホの電池残量みたいな表示があるとしたら、どのぐらいエネルギーは残っていると感じますか?

 実は、多くの人は、エネルギーの減り具合を自覚できていません。運動後の「はぁー、疲れた!」という疲労は分かるけれども、日常の中では「そんなに疲れていません」とおっしゃる人が多いのです。

 しかし、実際にはけっこう疲れていて、その疲れはどこに表面化するか。仕事の能率の悪さや、寛容力の低下に出るのです。まさに、イライラを封じ込めるエネルギーがなくなった状態が「疲労がたまった」状態。わけもなくイライラするときには、とりあえず休もう、と切り替えてみましょう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.