日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 「暴走老人」予備軍にならないために、できること
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

「暴走老人」予備軍にならないために、できること

「自分が正しい」にこだわりすぎない心の柔らかさを――『寛容力のコツ』の著者に聞く(第2回)

 柳本操=ライター

 ささいなことに腹を立てず、ちょっとした言葉に傷つかない人になりたい。そう思っても、このストレス社会では不可能なのではないか、と思う読者も多いかもしれない。『寛容力のコツ』の著者である心理カウンセラーの下園壮太さんは、「寛容でありたいと思う人は、誰かにイラッとするたびに相手を責め、同時にどこかで自分を責めている」と言う。
 また、「怒り」の感情は非常に勢いが強く、理性で抑え込むのは難しいものと解説する。はたしてコントロールできるのか。下園さんに聞いた。

怒りは簡単には制御できない

「もっと寛容にならないとなぁ」と思うのは、誰かにイラッとしたり、その怒りをずっと持ち続けてたびたび思い出してしまったり、というときだと思います。怒りを収めようとしても「だって、相手が悪いのに」という思いがあると、怒りのコントロールは難しいと感じます。

下園さん そのメカニズムは、怒りという感情の特性と関係しています。怒りについてお話しする前に、そもそもの「感情」について説明させてください。感情は、人間をある「行動」へと向かわせます(表)。

[画像のクリックで拡大表示]
<b>下園壮太</b> さん。『寛容力のコツ』の著者。心理カウンセラー。
下園壮太 さん。『寛容力のコツ』の著者。心理カウンセラー。
[画像のクリックで拡大表示]

新著『寛容力のコツ』にも「感情は基本的に“心配性で、お騒がせ屋”」という表現がありました。一見ネガティブで不要に思えるような感情も、すべてその人をある行動に仕向けるという目的を持っていて、全ての感情は自らの命を守るために存在する、と。

下園さん そうなのです。ただ、問題は、「感情は人の心と体を乗っ取るほど勢いが強い」ということ。私は「怒り」の感情が最も頑固で勢いが強いと思っています。怒りの感情は、その感情の持ち主の命を全力で守ろうとしますから、怒りは瞬間湯沸かし器のように瞬時に沸騰し、心拍数や血圧を上昇させ、筋肉の緊張も高め、敵と戦うための態勢を必死で整えるのです。だから、怒りを理性で抑えるのは、誰にとっても至難の業です。寛容力のなさに悩むのは当たり前のことなのだ、と認めることもまずは大切です。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.