日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 「暴走老人」予備軍にならないために、できること  > 4ページ目
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

「暴走老人」予備軍にならないために、できること

「自分が正しい」にこだわりすぎない心の柔らかさを――『寛容力のコツ』の著者に聞く(第2回)

 柳本操=ライター

現場の人と話をする、というお話が出ましたが、やはり直接話をするほうが収穫は大きいのでしょうか。

下園さん 今、コミュニケーション能力の中でも「話を聞く技術」が明らかに低下していると感じます。ディスカッションすることよりも、文字やスタンプだけの簡単なやりとり、あるいは動画のやりとりでコミュニケーションする手軽さが受けている。でも、人間って、それだけでは不十分なのです。私も、メールのやりとりだけでカウンセリングすることは不可能ではないのですが、それをやらないのは、「目の前にいる人に向かって自分の考えを言葉にする」というプロセスの中で、人は自分の信じている価値観や本音を表すことができるのだと思っているからです。

 相手の言葉に対してこちらが言葉を投げかけ、少しずつ気持ちを交わし、考え方、物事の受け止め方を変えていくというプロセスを、カウンセリングでは大切にしています。人と話をすることで自分の思い込みに気づくことも多い。確かに時間がかかるし、面倒ですよ。しかし、収穫は大きい。話すことによる変化を身をもって体験することで、人に対する、一種の“対人恐怖傾向”が和らいでいくのです。

繰り返し話すことで、濃厚な人間関係にも対処できる

カウンセリングに限らず、「互いに面と向かって話す」というプロセスを日常でも丁寧に行うことによって、寛容力も高めていけそうです。

下園さん そうなんです。これを心理学では「単純接触効果」といいます。繰り返し接触をするという経験の回数を重ねることで、人は相手への警戒心を落としていきます。今、若者がどんどん職を変えていく風潮に私は少し危機感を覚えています。少し経験しただけで「この会社はダメだ」「社会はひどい」と結論を出してしまう。3年、5年と勤務して初めて、いいところ、悪いところが分かるのに、最初に「緊張した、嫌なことがあった」という理由で簡単に辞めてしまう。これでは、社会に対しても他人に対しても、ネガティブな印象だけを積み上げていってしまいます。

少しは踏ん張るべき、しかし、無理をしてはいけない、というバランスが難しいですね。

下園さん 今まで私はずっと「無理をするな、休め」というメッセージを発信し続けてきました。しかし、今は、特に若者に対しては「ちょい、頑張れ」と言うようにしています。一度会って、相性が合わなければ二度と会わない、ということが容易にできる社会ではあります。しかし、ずっとその生活をするならいいのですが、人間は会社に入ったり、結婚したり、子どもを育てたり、と、濃厚で密接な関係を築くときがやってくるもの。そのときに、自分にとって都合のいい距離感だけで過ごしてきた人は、その濃厚な関係を前にして「人は怖い」「人はわずらわしい」というネガティブな印象を強く持ってしまいがち。だからこそ、直接対話し、価値観をすりあわせるという一種の「修行」が必要なのです。

         ◇        ◇        ◇

 最終回の次回は、寛容力が低くなる要因として侮れない「疲れ」とその対策について聞いていく。

(インタビュー写真:菊池くらげ)

下園壮太さん
心理カウンセラー、MR(メンタルレスキュー)協会理事長、同シニアインストラクター
下園壮太さん 1959年、鹿児島県生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。1996年より陸上自衛隊初の心理教官として多くのカウンセリングを手がける。自衛隊の衛生隊員(医師、看護師、救急救命士など)やレンジャー隊員などに、メンタルケア、自殺予防、コンバットストレス(惨事ストレス)コントロールについての指導、教育を行う。2015年に退官し、現在は講演や研修、著作活動を通して独自のカウンセリング技術の普及に努めている。近著に『寛容力のコツ』(三笠書房 知的生きかた文庫)がある。公式HP

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.