日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 「暴走老人」予備軍にならないために、できること  > 3ページ
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

「暴走老人」予備軍にならないために、できること

「自分が正しい」にこだわりすぎない心の柔らかさを――『寛容力のコツ』の著者に聞く(第2回)

 柳本操=ライター

下園さん 二つ目は、エネルギーの低下。年を取るほど頑固になる人の多くは、体力、感情コントロール力を含めた「エネルギー」が低下することによって、頑なになるのです。誰かと折り合ったり、自分の考える正義を引っ込めたりするのにも、エネルギーが必要です。だから人は、年を取り、エネルギーが低下すると、変わりたくなくなるのです。ましてや、「俺の言うとおりにしろ、いちいちディスカッションする必要などない」というやり方で成功してきた人は、そのやり方にそれなりの自信を持っているので、変わりにくい。

 三つ目が、上下関係のこだわり。怒りが湧くと、原始人的感覚で「俺の方が立場が上だ」という、いわゆるサル山のような上下関係へのこだわりが強くなります。怒りの感情は、上下関係や勝ち負けを決めたがるのも特徴。ですから、よほど精神的に鍛錬をした人でないと、部下の言うことをそのままのみ込むのは「負け」だと感じてしまう。

 このような理由から、シニア世代になるにしたがって、寛容力は低下リスクにさらされるのです。ずっと同じ価値観で成功してきた人ほど、これから老後に向けて、感情のコントロールの仕方を工夫していこうと自覚する必要があるでしょう。リタイア後に、これまで自分についてきてくれた人がいなくなると、自信がなくなります。すると、人への警戒心が高まり、うっすらと周囲からばかにされているような気がしてしまう。コンビニや病院で大声を上げて相手を威圧する「暴走老人」のほとんどは、このタイプです。

[画像のクリックで拡大表示]

トラブル時こそ価値観の洗い直しのチャンス

これまで、自分の正義感で突っ走ってきたり、頑固にやってきたりしたという自覚がある人は、どうすれば寛容力を高めていけるのでしょうか。例えば、「価値観」をゆるめるのは難しそうですが、どうすればいいでしょうか?

下園さん 価値観というものは空気と同じで、普段はあまりにも自分にとって当然すぎて、気づかないものです。「自分はこれが正しいと思い込んでいる」という価値観に気づくチャンスはいつかというと、誰かとトラブったときです。相手の価値観はきっとこうなんだろう、でも自分はここが信念だと思っている、というふうに、とことん考えてすりあわせてみると、「そこまで必死でこだわることでもなかったな」と思えることはたくさんあるはずです。本書で紹介している「7つの視点」のように、自分視点、相手視点、第三者視点というふうに視点をあちこちに飛ばしてみるのも有効です。

 一方、若い世代は、ネットにすぐに答えを見つけようとせず、現場の先輩や上司と話をして価値観を広げていくことが大切です。それを中年以降になっても謙虚に続けていける人は、寛容力を高めることができ、周囲からの信頼も得ることができるでしょう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.