日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 「暴走老人」予備軍にならないために、できること  > 2ページ目
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

「暴走老人」予備軍にならないために、できること

「自分が正しい」にこだわりすぎない心の柔らかさを――『寛容力のコツ』の著者に聞く(第2回)

 柳本操=ライター

怒りにとらわれることは人生の主導権を明け渡すこと

「被害者意識が強い人ほど怒りっぽい」という指摘も、意外でした。怒っている人は、むしろ、誰かに嫌な思いをさせるという点で、加害者なのでは、と思っていたのですが。

下園さん 身に覚えがありませんか。イライラしているときというのは、決まって、「なんで私だけがこんな目に遭わなくちゃいけないの?」「こんなに頑張っているのに!」「自分ばかりが損してない?」という思いが心に渦巻いています。これは、原始人的に考えるとご理解いただけるはずです。

 原始人にとって、自分が頑張った労働への成果(食糧の分け前)が期待外れに少ないことや、自分だけが疲労してエネルギーがなくなること(戦闘力の低下)は憂うべきこと。なぜなら命の危機に直結するからです。

 だから、人は自分ばかりが損をしたり、苦労をしたりしていないかにとても敏感です。一生懸命手間と時間を費やして取り組んだ仕事を「あ、どうも」の一言ですまされた、しかも、その手柄を横取りされた、などという事態のときには、被害者意識がマックスになるのです。

なるほど、よく分かります(笑)。冷静になろうとしても、イライラしてしまいますね。

『寛容力のコツ』(三笠書房)

下園さん 一方、相手がミスを犯したまま、休暇に入ってしまった、にっちもさっちもいかなくなった事態の収拾を一方的に押しつけられた、というときもイライラしますよね。しかし、ここで冷静に考えることが大切。「どうして自分がやらなきゃいけないのか」と思い、相手が休暇から戻ってくるまでの1週間、何もせずに過ごすとしたら、相手が行動するまで、ずっとずっと、イライラは続くわけです。その間、あなた自身はどんどんエネルギーを消耗します。怒りは、エネルギーを非常に食う感情でもあるからです。

 でも、そうやって相手の出方を待ちながらイライラすることは、「自分が幸せになる権利を相手に依存する」ことでもあるといえます。だから私は、「怒りは自分で抑えないと損である。自分が主導権を持ち、自分で怒りを抑えることによって問題を解決する」というスタンスこそが寛容力を高めていく秘訣だと思うのです。

寛容力低下は「暴走老人」予備軍

よく分かります。ただし、「まず自分から折れる」というのがどうにも難しいことがあります。特に経験を重ねてある程度プライドがあるような人はその傾向が強そうです。

下園さん そうなんですよね。キャリアを積み重ね、年齢も重ねるとまさに「引く」のが難しくなる。私自身も相当、気をつけないといけないと思っています。寛容力が低くなる背景には、いくつかの要素があります。

 一つ目は「自分が正しい」という価値観が強すぎて、相手の価値観を認める柔軟性が失われること。異なる価値観を持つ相手と上手にコミュニケーションし、価値観をすりあわせるのはまさに経験を積み重ねた結果のスキルです。このスキルを鍛えながら年齢を重ねてきた人は、年を取るほど柔軟に、丸くなります。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.