日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 「暴走老人」予備軍にならないために、できること
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

「暴走老人」予備軍にならないために、できること

「自分が正しい」にこだわりすぎない心の柔らかさを――『寛容力のコツ』の著者に聞く(第2回)

 柳本操=ライター

 ささいなことに腹を立てず、ちょっとした言葉に傷つかない人になりたい。そう思っても、このストレス社会では不可能なのではないか、と思う読者も多いかもしれない。『寛容力のコツ』の著者である心理カウンセラーの下園壮太さんは、「寛容でありたいと思う人は、誰かにイラッとするたびに相手を責め、同時にどこかで自分を責めている」と言う。
 また、「怒り」の感情は非常に勢いが強く、理性で抑え込むのは難しいものと解説する。はたしてコントロールできるのか。下園さんに聞いた。

怒りは簡単には制御できない

「もっと寛容にならないとなぁ」と思うのは、誰かにイラッとしたり、その怒りをずっと持ち続けてたびたび思い出してしまったり、というときだと思います。怒りを収めようとしても「だって、相手が悪いのに」という思いがあると、怒りのコントロールは難しいと感じます。

下園さん そのメカニズムは、怒りという感情の特性と関係しています。怒りについてお話しする前に、そもそもの「感情」について説明させてください。感情は、人間をある「行動」へと向かわせます(表)。

[画像のクリックで拡大表示]
下園壮太 さん。『寛容力のコツ』の著者。心理カウンセラー。
[画像のクリックで拡大表示]

新著『寛容力のコツ』にも「感情は基本的に“心配性で、お騒がせ屋”」という表現がありました。一見ネガティブで不要に思えるような感情も、すべてその人をある行動に仕向けるという目的を持っていて、全ての感情は自らの命を守るために存在する、と。

下園さん そうなのです。ただ、問題は、「感情は人の心と体を乗っ取るほど勢いが強い」ということ。私は「怒り」の感情が最も頑固で勢いが強いと思っています。怒りの感情は、その感情の持ち主の命を全力で守ろうとしますから、怒りは瞬間湯沸かし器のように瞬時に沸騰し、心拍数や血圧を上昇させ、筋肉の緊張も高め、敵と戦うための態勢を必死で整えるのです。だから、怒りを理性で抑えるのは、誰にとっても至難の業です。寛容力のなさに悩むのは当たり前のことなのだ、と認めることもまずは大切です。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.