日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 元自衛隊「心理教官」が説く、不寛容にならないコツ  > 3ページ
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

元自衛隊「心理教官」が説く、不寛容にならないコツ

ちょっとしたことで怒ったり傷ついたりしない――『寛容力のコツ』著者に聞く(第1回)

 柳本操=ライター

下園さん そこはちょっと複雑なのです。私は今50代半ばですが、私が成人になった頃は、結婚にしろ、仕事の仕方にしろ、わりと単一の価値観が存在していました。例えば自衛隊員が休暇で海外旅行に行く、などというと「自衛隊員が海外に遊びに行って、そんなんで国を守れるのか」と当たり前に批判された。25歳を過ぎたら結婚するもの、という価値観があったので、「まだ結婚しないの?」とお節介を焼く人も受け入れられたのです。今そんな人がいたら「セクハラだ」と叱られるかもしれません。

 価値観が多様化したということは、「今はいろいろな生き方があっていい」という表の情報の裏で、「でも本当は文句を言いたい」という本音がくすぶる、という状況を示している、つまり、社会的、人間関係的には軋轢(あつれき)が生じやすい状況を生むのです。言いたいことがあるけれど、日本人は基本的に人に気を使い、我慢をする民族なので、本音をのみ込んでいる。

 そこにネットで何らかのルール違反をした人が登場すると、「俺もずっとそう思ってた!」と食いつき、そして簡単に“炎上”するのです。ところが、炎上を引き起こした各人は軽い気持ちでぽんとコメントして、「ちょっといじっただけ。ディスっただけ」と思っていても、攻撃された本人は絶えずずっと、大人数から攻撃を受けます。加害者が想像するよりも圧倒的に大きなダメージを被害者が受けている。これがネットの怖さです。

まさにネットは、負の感情の増幅装置のようなものですね。私たちは、どう向き合えばいいのでしょう。

下園さん 恐らく慣れてくるとは思います。ただ、10年はかかるでしょう。かつて、2ちゃんねるに書かれたことを、会社組織が「こんなことを書かれた」と大きく取り上げていた時代がありました。しかし今は「2ちゃんねるだろ? 好き勝手言っているだけだよ」とかわせるようになってきた。同じように、ネットの情報の信頼度にも、みんなが本気でそう思っているかどうかにも幅がある、ということが分かり、「ネットで言われていることだろ?」と冷静に受け止めることができるようになる。つまり、耐性ができてくるのだろうとは思います。

「自分にできること」を考えるのが寛容力

ネットの記事を読んでいると「結局、今の日本がダメだからだ」「社会の構造がこうだから仕方ない」という結論で終わっているものが多いと感じます。しかし、下園さんの著書では、自分でできることを見つめ、自分がアクションを起こすことこそ大切だというメッセージを強く感じました。

下園さん 私がやっている仕事は、社会を批評することではなく、対人援助だからです。こういう社会だからしょうがない、という理屈は一つあるとしても、それだけでは解決能力を持ちません。世の中がそうだからしょうがない、という考えは、「自分には何もできない」と言っているのと同じこと。対抗手段がないと人の意欲は低下し、世の中をさらに警戒するようになる。自分が攻撃されないように、相手を威嚇し、常にイライラするようになる。

 それはすごくもったいないことだと思いませんか。そうではないよ、あなたにはできることがたくさんある、それが寛容力を身につけていくことなんだよ、ということを本書ではお伝えしたかったのです。

         ◇        ◇        ◇

 次回は、中年以降に「攻撃的になる人」と「丸くなり穏やかになる人」の違いはどこにあるのか、ベテラン世代の寛容力の高め方について聞いていく。

(インタビュー写真:菊池くらげ)

下園壮太さん
心理カウンセラー、MR(メンタルレスキュー)協会理事長、同シニアインストラクター
下園壮太さん 1959年、鹿児島県生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。1996年より陸上自衛隊初の心理教官として多くのカウンセリングを手がける。自衛隊の衛生隊員(医師、看護師、救急救命士など)やレンジャー隊員などに、メンタルケア、自殺予防、コンバットストレス(惨事ストレス)コントロールについての指導、教育を行う。2015年に退官し、現在は講演や研修、著作活動を通して独自のカウンセリング技術の普及に努めている。近著に『寛容力のコツ』(三笠書房 知的生きかた文庫)がある。公式HP

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.