日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ  > 元自衛隊「心理教官」が説く、不寛容にならないコツ  > 2ページ
印刷

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

元自衛隊「心理教官」が説く、不寛容にならないコツ

ちょっとしたことで怒ったり傷ついたりしない――『寛容力のコツ』著者に聞く(第1回)

 柳本操=ライター

まさに、「寛容力の低下」ですね。

下園さん この寛容力の低下に大きく絡んでいるのがネット環境だと私は考えています。数年前に、病院での対応に腹を立て、それを自身のブログにつづったところそれが炎上し、さらにはマスメディアも乗っかって個人攻撃した結果、自殺に追い込まれた議員さんがおられました。

 今、個人がそれぞれ、何らかの「怒り」を抱えているとします。そのときに、誰でも匿名で発言ができるネット環境があると、“炎上案件”に乗っかることで、ストレス解消になるのです。これは昔からの小さなコミュニティでは「スケープゴート」といわれた仕組みです。

 誰か一人をたたくことで、自分は浮き上がる。しかし、たたいた当人は次第に、「次は自分がそうなるかもしれない」と思い、他人を警戒しながら生きていかなくてはならなくなります。誰もが誰をも警戒する社会、それは社会全体の損失だと思うのです。

価値観の多様化によって「我慢」が増えている

[画像のクリックで拡大表示]

誰もが無意識のうちに「次は自分がたたかれるかも」という警戒心を感じている、ということですか?

下園さん そう考えています。ただ、もともと人間は本能的に「相手は自分を殺すかもしれない」と、そばにいる人間に対して警戒する特性を持っているのです。これは、自分の命を自分で守るためです。私は、感情のメカニズムを考えるとき、現代人の感情やそれによって生じる体の反応は、原始人の頃からさほど変わっていない、という考え方を基本としています。しかし、日本人は農耕社会で長くやってきたため、例えばアメリカの狩猟社会(現在は銃社会)とは異なり、「身近な環境にいる相手に対しては安心感を持っていい」という信頼感を持てていたはずです。

 ところが、ネット社会や、ストレス社会による疲労によって、人は周囲への警戒感を高めるようになりました。人に対する信頼、というものが失われ始めている。だからこそ寛容力を見つめ直す必要があるのです。そしてもう一つ、「価値観が多様化した」ということも、実は寛容力の低下に関わっていると私は感じています。

そうなのですか? 価値観が多様化すれば、いろいろな考え方を受け入れられるようになり、むしろ寛容力が高まるのではと思っていたのですが。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.