日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 老化のカギを握る「人生後半の食生活」  > シニアの5人に1人が低栄養状態!? 50歳になったら食事の意識を変えていこう  > 4ページ目

老化のカギを握る「人生後半の食生活」

シニアの5人に1人が低栄養状態!? 50歳になったら食事の意識を変えていこう

第2回 「アルブミン」値がシニアの健康の指標になる

 二村高史=フリーライター

「粗食がいい」の健康パラダイムから脱しよう!

 前述のように、歳をとるにつれて体からたんぱく質が減っていくのは、自然の摂理でもある。しかし、それだけではないと熊谷さんは話す。「メタボ対策が食事を抑制させ『粗食礼賛・信奉』を築き上げてしまいました。この社会的潮流がシニアの栄養失調を深刻化させ、介護リスクを高めているのです」と熊谷さんは警告する。「一度、築き上げられた『粗食信奉』をリセットするには時間が必要ですが、シニアの老化の加速を招く警鐘は鳴らし続けなければなりません」(熊谷さん)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り4662文字 / 全文5484文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.