日経Gooday TOP  > からだケア  > “ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解  > 「昼食後、猛烈に眠くなる」をロカボで撃退!  > 2ページ目

“ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解

「昼食後、猛烈に眠くなる」をロカボで撃退!

第12回 緩やかな糖質制限で睡眠時無呼吸症候群が改善?

 山田 悟

 睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、心疾患、脳血管疾患、糖尿病など、さまざまな疾病に強く関わることがわかっています。

 20年前ぐらいまでは、「肥満している人の病気である」と考えられてきましたが、実は人種間の差があり、欧米人では肥満の人の病気ではあるものの、東アジア人のようにあごが細い弥生型の顔(私自身、そうです)の人は、太っていなくても睡眠時無呼吸症候群に陥るリスクが高いということがわかってきました。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.