日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > “ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解  > これさえ押さえればOK! ロカボで効果を出すための3大ポイント  > 2ページ

“ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解

これさえ押さえればOK! ロカボで効果を出すための3大ポイント

第8回 主食は半分が基本! 「隠れ糖質」に注意しよう

 山田 悟

現時点で、極端な糖質制限は積極的にやるべきではない

 「1日の糖質量は合計で130g以内にする」――。この摂取量の上限の数字「糖質130g」というのは、糖質をエネルギー源として好む脳と、糖質しかエネルギー源にできない赤血球が1日に求めるブドウ糖の必要量の合計値になります。これに関しては、150gという考え方もありますが、おそらく世界で最も長く糖質制限を行い続けているリチャード・K・バーンスタイン先生(米国の医師。糖質制限食の草分け的存在。自身が1型糖尿病であり、自身で40年以上の治療実績がある)が研究に参加している論文(Nutr Metab (Lond). 2008;5:9.)が130gを採用しているため、ロカボも130gを採用しています。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.