日経Gooday TOP  > からだケア  > 健康「腸」寿を目指せ! 腸の健康「基本のキ」  > 右肩上がりに急増中!「炎症性腸疾患」ってどんな病気?  > 2ページ目

健康「腸」寿を目指せ! 腸の健康「基本のキ」

右肩上がりに急増中!「炎症性腸疾患」ってどんな病気?

安倍首相も患う難病、下痢や血の混じった便、腹痛が続いたら病院へ

 柳本 操=ライター

右肩上がりに増えている「炎症性腸疾患」

 3タイプの腸の病気の中でも急増しているのが、腸が傷つき、ただれる「炎症性腸疾患」だ。

 炎症性腸疾患には、炎症の原因が明らかな感染性、薬剤性のものと、原因が分からず炎症が慢性化するものがあり、増えているのは後者の慢性炎症タイプ。後者の代表的な病気には「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」があり、2014年の患者数は潰瘍性大腸炎が17万人、クローン病は4万人だ。グラフを見ると、いずれも30年前と比べて右肩上がりに増えているのが分かる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り2499文字 / 全文3714文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.