日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 健康「腸」寿を目指せ! 腸の健康「基本のキ」

BODY CARE 健康「腸」寿を目指せ! 腸の健康「基本のキ」

一般に知られている「消化や吸収」以外に、腸には複雑かつダイナミックな生命維持のための働きがあることが解明されてきた。その一方で腸の病気は増えており、中でも潰瘍性大腸炎やクローン病など、腸が傷ついてただれる「炎症性腸疾患」は、ここ30年間で10倍以上に増加したという。本特集では、腸の驚くべき働きと腸の健康を損なう病気、さらには腸の病気を早期発見するための検査法について、炎症性腸疾患治療の第一人者である東京医科歯科大学理事・副学長の渡辺守さんに3回にわたって聞いていく。

渡辺 守(わたなべ・まもる)さん
東京医科歯科大学理事・副学長
渡辺 守(わたなべ・まもる)さん 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科消化器病態学/消化器内科教授。医学博士。1979年慶應義塾大学医学部卒業。米ハーバード大学医学部留学、慶應がんセンター診療部長を経て、2000年より東京医科歯科大学消化器病態学教授、2017年4月に同大学の理事・副学長に就任。2007年より厚生労働省難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班」班長、2008年より世界中の炎症性腸疾患臨床・研究専門家の会IOIBDのメンバー(60名定員制)に選ばれ、世界の炎症性腸疾患治療の標準化に向け、日本の代表として活動中。著書に『潰瘍性大腸炎・クローン病がよくわかる本』(講談社、2016)など。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.