日経Gooday TOP  > からだケア  > 尿酸・痛風の新常識  > 痛風は30年前の4倍以上! 今や「おじさんの病気」ではない  > 2ページ目

尿酸・痛風の新常識

痛風は30年前の4倍以上! 今や「おじさんの病気」ではない

第1回 発作も怖いが、高尿酸を放置すると腎機能低下や尿路結石も

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

今や「おじさんの病気」ではない、若い世代にも増えている

 痛風というと、ミドル以上の男性の「おじさんの病気」というイメージがないだろうか。確かに、痛風の発症年齢は、1965年の調査では50代がトップだったが、1990年代に東京女子医科大学が行った調査では、30代が最多となっている(*2)。その後、同様の調査が行われていないので最近の傾向は不明だが、大きな変化はないと見られる。実際、今では20代でも珍しくないという。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

痛風・尿酸
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.