日経Gooday TOP  > からだケア  > 男と女の薄毛治療最前線  > 自分の細胞で髪の毛が甦る!?ここまできた毛髪再生医療  > 3ページ目

男と女の薄毛治療最前線

自分の細胞で髪の毛が甦る!?ここまできた毛髪再生医療

毛の成長や発毛に関わる細胞を培養して、毛を増やす、生やす時代へ

 中能泉=フリー編集者・ライター

毛包のないところに新たに毛をつくり出す研究も進行中!

 一方で、毛の本数自体を増やす、つまり“毛のないところに新しい毛をつくり出す”研究も進んでいる。2016年に、世界で初めて「毛がないマウスにヒトの細胞を移植して発毛させることに成功した」と発表され、話題になったのを覚えているだろうか。裸のマウスの背中から黒い毛が何本か生えている写真は衝撃的だった。それが、理化学研究所と京セラ(京都市伏見区)が共同で行っている「毛包を再生させて移植し、毛のないところに毛を生やす」という毛髪再生医療だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.