日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男と女の薄毛治療最前線  > 実は女性の方が深刻だった!? 最新版・薄毛のメカニズム  > 2ページ

男と女の薄毛治療最前線

実は女性の方が深刻だった!? 最新版・薄毛のメカニズム

ホルモン関与は男性だけ、ヘアサイクルの乱れ方に男女差

 中能泉=フリー編集者・ライター

男女で、ヘアサイクルの乱れ方に違いがあった

 男性と女性の薄毛、その原因やパターンは異なっても、どちらも「ヘアサイクル」が乱れているのは確かだ。髪の毛には寿命があり、毛髪が生えて太く育つ「成長期」(2~6年)の後、毛髪の成長が止まり毛根部が小さくなっていく「退行期」(約2週間)を迎え、寿命を迎えた古い毛が抜け、新しい毛をつくる準備を整える「休止期)(3~4カ月)を経て、再び成長期に入る。このように発毛と脱毛を繰り返す周期をヘアサイクルと呼び、通常、男性は3~5年、女性は4~6年が1サイクルとされる。このサイクルが乱れて、髪が太くならずに抜け落ちたり、早く抜けたりすることで、薄くなっていく。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.