日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 天国と地獄を味わった武将・宇喜多秀家に学ぶストレス対応術  > 2ページ目
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

天国と地獄を味わった武将・宇喜多秀家に学ぶストレス対応術

第29回 ストレス対処に有効な「3つのR」

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

 筆者が感じるのは、秀家はいわば「置かれた場所で、しっかり根を張れる人」。つまり環境に順応していく力「環境適応能力」が非常に高い人だと思うのです。

宇喜多秀家像(画像提供=岡山城)
宇喜多秀家像(画像提供=岡山城)

 秀家がもしメンタルの弱い人ならば、苦労知らずの超セレブな貴公子から一夜にして敗軍の将としての逃亡生活を強いられた時点で、屈辱に耐えきれず自害してしまうか、その落差に耐えられず心身を病んでしまったことでしょう。

 しかし秀家は6年にもわたるハイストレスな逃亡生活に耐え抜き、さらに八丈島という遠く離れた島での貧しい田舎生活にも見事に適応し、子孫を繁栄させながら長寿を全うします。精神医学的に考えると、これだけ大きな環境の変化というストレスに適応していくためには、容易ならぬメンタルのタフさが必要です。

 そこで筆者の独断や想像も多分に入りますが、秀家がなぜ傑出した「ストレスに打ち勝つ環境適応能力」を持つことができたのか、具体的に分析してみたいと思います。

どんな環境でも楽しみを見つけ出す能力の高さ

 秀家は生まれながらにしてセレブな殿様で、いわば先代がたたき上げで築いた大会社の二代目社長。父の代からの優秀な家臣にお尻をたたかれ、豊臣秀吉からも大きな期待をかけられつつ、若くして出世街道に躍り出ます。が、周りは徳川家康を筆頭に戦国の世を生き抜いてきた老練で狡猾(こうかつ)な大名ばかり。そんな中にあっても秀家は、秀吉の期待を裏切らず次々と武功を上げ続けていきました。

 しかしよくよく考えてみれば、当時20代の若者であった秀家には、かなりのプレッシャーと緊張の連続の毎日だったのではないかと思われます。秀家はどうやってそのストレスを和らげていたのでしょうか?

 その当時の秀家の楽しみは、能でした。自分の城で頻繁に能の会を主催し、自ら舞台に立って楊貴妃や遊女に扮(ふん)し演目を演じていたといいます。

 ちなみにNHKの同番組内では、このコスプレにも彼にとって重要なストレス解消要素があったのではないかと解説がなされていました。精神医学的に考えても、仕事とは全く関係のない趣味や人間関係を持って楽しむ時間を持つことは、緊張やストレスを和らげる良い気分転換になることは確かです。秀家は、こうしたレクリエーションを自ら創造して楽しむことが非常にうまかったといえるでしょう。

 秀家は流人として八丈島に流される道中も、中継地となる島々に立ち寄りながら船を進めていったそうですが、いくつかの島々で地元の名士と交流したり、島の温泉に入ったりと、のんびり楽しんでいたというエピソードが残されています。

 また八丈島に上陸してからも、貧しい暮らしのため自ら畑を耕しつつも、和歌を詠んだり、釣りをしたりといった趣味的な楽しみも忘れなかったようです。また島民とも親しく交流し、文字を教える代わりに農作物をもらったというエピソードも伝わっています。

ストレス対処に有効な「3つのR」

 さて現代のメンタルヘルスでは、ストレスに対処するためには、次の3つのRを意識するとよいとされています。

次ページ
3つのRとは?
ストレス
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.