日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > タイ洞窟救出劇から マインドフルネス瞑想を考える  > 2ページ
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

タイ洞窟救出劇から マインドフルネス瞑想を考える

第26回 なぜ少年たちは心の平静を保てたのか?

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

 ご存じの方も多いと思いますが、マインドフルネス瞑想のルーツは2500年前にブッダが編み出した瞑想法にあります。ブッダが創造した瞑想法はその教義とともにタイやミャンマーといった上座仏教国で主に受け継がれてきましたが、1960年代にその瞑想法が欧米に伝わり、医療やビジネスの現場で活用されたことで広く認知されるようになりました。

 このエカポンコーチが少年たちに指導したのは、本家本元の上座仏教国タイの仏教式瞑想法であったため、マインドフルネス瞑想が一部のメディアで再注目されたようです。

サッカーコーチがどうやって少年たちの心の平静を保ったのか?

 さて筆者は自分自身がマインドフルネス瞑想を愛好していることもあり、このコーチがどのような人で、どんなふうに洞窟で瞑想を指導し、少年たちの心を平静に保っていたのだろうと非常に興味を持ちました。そこで、様々な国内外のウェブサイトを個人で調べられる限り検索したところ、次のような情報が得られました。

 まずはコーチのエカポン・チャンタウォーンさんの人物像について。

  • エカポンコーチは子供の時に病気で両親を失った。その後は祖母に育てられながら、少年修道僧として出家していたことがある(*1)
  • タイは上座仏教国であるため、出家期間中はヴィパッサナー瞑想を日々実践していた(*1)
  • 現在は清掃員として働いているが、今も人々に瞑想を指導している(*2)
  • 彼は酒を飲まず、タバコも吸わず、代わりに空き時間を活用して、サッカーチームの少年たちの心身のトレーニングを行い、練習後は少年たちを家まで送り届ける(*2)
写真はイメージ=(c)chadchai rangubpai-123RF

 タイやミャンマー、スリランカなどの上座仏教国では信心深い在家の仏教徒はブッダの示した五戒(盗まない、殺さない、ウソを言わない、邪淫しない、酒・ドラッグをやらない)という戒律を守りながら生活しています。その仏教徒の上に立つ僧侶は五戒だけではなく、もっと多い227もの戒律を守ってストイックな修行生活を行っています。上座仏教の僧侶は妻帯をせず私有財産も持たず、すべて民からの布施によって生活を賄いながら、瞑想を中心とした厳格な修行生活を送ります。そのため民衆からも非常に尊い存在として崇められているといいます。

 エカポンコーチは、現在は僧侶ではないものの、素晴らしく高潔でかつ強靭(きょうじん)なマインドの持ち主であり、思いやりにあふれた人徳の高い青年であることが、上記の人物像からうかがえます。

 エカポンコーチが真っ暗闇の洞窟の中で、自分自身の冷静さを保つだけでなく少年たちに瞑想を効果的に実践させることができたのは、長年にわたる仏教への深い造詣と僧侶時代の修行によって培った高潔な人間性と忍耐力が背景にあったからだと思われます。

 つまりただ単に瞑想の実践だけで、あの少年たちのメンタルを安定させる効果を得たと捉えるのは間違いであり、彼の仏道修行によって形成された人徳と少年たちとの強い信頼関係があったからこそ成功したと考えるべきでしょう。

 もちろんエカポンコーチが少年たちを洞窟に連れて行ったという点では、リーダーとしての安全配慮に関わる判断ミスがあったことは否めません。しかしながら少年たちの親族は誰一人として彼の非を責めないどころか、レスキュー部隊に「自分を責めないでください」というコーチに宛てた手紙まで託したという報道もありました。こうしたエピソードは、いかにエカポンコーチが日ごろから子供たちを親身に誠実に指導し、親たちにも感謝されていたかを物語っています。

彼らがやったであろう「ヴィパッサナー瞑想」とは?

 8月22日に米国のABC Newsでは、エカポンコーチと少年たちのインタビューが公開されました。その中でエカポンコーチは、次のように語っています。

 “洞窟の中に閉じ込められたと悟ったとき、私はまず自分自身の落ち着きを回復しようと努めました。そして子供たちには『閉じ込められた』とは話さないようにして、ポジティブなことだけを言いました。私は彼らに『洞窟の中の水位が下がって外に出られるようになるまで、私たちは少しだけ長く待たないといけない』と伝え、彼らがパニックにならないようにしました。もし『閉じ込められた』と言えば、彼らはパニックになっていたでしょう”(*3)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.