日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > タイ洞窟救出劇から マインドフルネス瞑想を考える
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

タイ洞窟救出劇から マインドフルネス瞑想を考える

第26回 なぜ少年たちは心の平静を保てたのか?

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

ようやく残暑も和らいできましたが、あなたの心と体はお元気でしょうか? こんにちは、精神科医・産業医の奥田弘美です。今回から2回にわたり、近年話題になっているマインドフルネス瞑想(めいそう)について、タイの洞窟救出劇の振り返りとともに考察してみたいと思います。

世紀の救出劇で再注目されたマインドフルネス瞑想

タイ洞窟救出劇の報道を受け、改めてマインドフルネス瞑想に興味を持った人も多いのでは? 写真はイメージ=(c) avebreak Media Ltd-123RF

 日本でマインドフルネス瞑想が注目され始めて数年がたち、急速に過熱したブームも若干鎮静化しつつあるようです。

 集中力がつく、雑念に惑わされず仕事力が上がる、心が穏やかになる、体の健康にも良いなどとメディアや本で紹介される中、興味をかき立てられてセミナーに出たり書物を読んだりして、「実践してみた」という方も多いでしょう。しかし「何日かやってみたが、効果が実感できないので中止した」「毎日早起きして瞑想しようと意気込んでいたが、忙しさに取り紛れていつの間にかやめてしまった」という人も実は少なくないようです。

 筆者自身も「メディアが騒ぐほどミラクルな即効性のある自己実現スキルじゃないんですね」というような声を何度か耳にしたことがあります。確かにその通りであり、マインドフルネス瞑想は「心の筋トレ」と表現されるように、コツコツと継続していくことで効果がじわじわと出てきます。筆者もすでに3年以上毎日瞑想を継続していますが、その効果は「牛歩のごとし」。ゆっくりと確実に良い変化は起こってくるのですが、とにかく根気と時間が必要な心のトレーニング法なのです。多忙な人が挫折してしまう気持ちもよく理解できます。

 さてそんな中、2018年7月、タイの洞窟の中に2週間以上にわたって閉じ込められていたサッカーチームの少年12人と25歳のコーチ1人の世紀の救出劇が報道され、再びマインドフルネス瞑想が注目を集めました。6月23日に閉じ込められ7月2日に発見されるまでの間、少年たちは真っ暗闇の洞窟の中、壁を伝って流れてくる水だけを飲みながら空腹に耐え、コーチの指導する瞑想によって平静を保っていたというのです。

 筆者もイギリス人ダイバーたちが発見時に少年たちと会話している動画を見ましたが、11~16歳という多感で不安定になりやすい年ごろの少年たちが誰一人としてパニック状態に陥らず、落ち着いた表情で時には笑顔を見せながら、ダイバーたちと会話している様子に驚きました。

 仮に閉じ込められたのが大人だったとしても、救助が来るかどうか分からない文字通り「一寸先は闇」の状態の中で何日もの間空腹にさいなまれながら心を平静に保つのは非常に難しいと思います。私がもし同じ状態に置かれたらと想像するだけで、ゾゾゾーッと背筋に恐怖が走り心臓がバクバクしてきます。

 様々なメディアでは、サッカーコーチのエカポン・チャンタウォーンさんが少年たちに仏教式の瞑想を教え実践していたことによって、彼らが平静を保つことができたと報道されました。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.