日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 知らないでは済まされない!「ストレスチェック」と「健診」の決定的違い  > 3ページ目
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

知らないでは済まされない!「ストレスチェック」と「健診」の決定的違い

こちら「メンタル産業医」相談室(13)

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

1. 過重労働など高負荷の業務のために高ストレス状態になっていたパターン

事例 業務量が多く長時間残業に加え、部下の報告をとりまとめるために連日「持ち帰り仕事」もしていた中間管理職のAさん。過労により胃腸障害やめまいが出現し始めていた。面接後の報告を受け、会社は上長とともに業務量を早急に見直し軽減した。また部下の報告のとりまとめは翌日の勤務内で行うようにルールを変更。Aさんには筆者より医療機関への受診を促し、当面の間は残業を大幅に制限し体調回復を図ってもらうことになった。Aさんの業務量、残業時間とも軽減し、加療により体調も改善した。

2. 人間関係が原因で高ストレス状態となっていたパターン

事例 半年前に異動した部署の上司からキツい言葉や態度でパワハラ的指導を受け、抑うつ状態や不眠など、メンタル不調の症状が出ていた社員Bさん。面接後の報告を受けて会社はすぐにヒアリングを行い、上司には厳重注意。Bさんには筆者から紹介状を書き、メンタルクリニックを受診してもらったところ2カ月の自宅療養となった。Bさんは復帰後に異動となり、現在は元気に復職している。

3. 会社が知らなかった個人的要因により高ストレス状態となっていたパターン

事例 学生時代にスクールカウンセラーから「軽い発達障害かも?」と言われたことがあったが、本社での事務部門では問題なく適応できていたCさん。支店に異動後、来客応対や電話対応などマルチタスクを任されることになり、不適応状態に。夜眠れない、来客や電話がくると動悸(どうき)・吐き気がする、などの症状が出ていたため、筆者より業務内容の見直しと調整を会社に意見した。会社は支店長と相談し、来客・電話対応を免除し、事務仕事のみのシングルタスクに調整したところ症状は改善、再び業務に適応できるようになった。

「高ストレス」者は勇気を出して面接を受けて

 筆者自身も2016年は手探りでストレスチェックに関わりましたが、振り返ってみると高ストレス者の面接指導をすることで、隠れていたビジネスパーソンの心の不調が発見でき早期対応につなげることができたと感じています。ストレスチェックの結果、高ストレスという結果が出た方は、ぜひ勇気を出して面接を受けてみることをお勧めします。

高ストレスという結果が出た人は、勇気を出して医師の面接を受けよう(c)ronstik - 123rf

 繰り返しますが、ストレスチェックは、自分が行動しないかぎり事態は何も変化しません。ストレスチェックは、体の健康診断と違って「受ける人の自主的な判断と行動」を求める度合いが高い制度です。これからストレスチェックを受ける方は、ぜひこうしたことをしっかり理解したうえで受け、ご自身の心の健康のために積極的に活用していただきたいと思います。次回は高ストレス状態でなかった人でもストレスチェック結果を活用できる方法を紹介する予定です。お楽しみに。


こちら「メンタル産業医」相談室

第12回 増える「パワハラ」による精神疾患、まず正しい知識を
第11回 遅い夕食でも太りたくないなら、お勧めは「分割食べ」
第10回 太らない人が実践する「3つの食習慣」
第9回 ストレス・疲労に負けない食事の基本は「赤黄緑を1:1:1」
第8回 連休の過ごし方に注意!「変化疲れ」が五月病の原因に【後編】
第7回 連休の過ごし方に注意!「変化疲れ」が五月病の原因に【前編】
第6回 過労死は「好きで仕事をしている人」こそ注意を
奥田弘美(おくだ・ひろみ)さん
精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家
奥田弘美(おくだ・ひろみ)さん 1992年山口大学医学部卒。精神科臨床および都内18カ所の産業医として日々多くの働く人のメンタルケア・ヘルスケアに関わっている。著書は「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「何をやっても痩せないのは脳の使い方を間違えていたから」(扶桑社)など多数。日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ日本人に合ったマインドフルネス瞑想の普及も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.