日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 89歳医師に学ぶ! 生涯現役を続けるしなやかな「メンタル力」  > 3ページ
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

89歳医師に学ぶ! 生涯現役を続けるしなやかな「メンタル力」

第25回 人から必要とされ続ける秘訣とは何か?

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

 「自分はこんな仕事をすべき人間ではないなんて、たいそうに考えるからおかしなことになってしまうんです

 「余計な力を抜いて、『まあこれくらいやってやるか』『今はそういうときなんやな』と、変に力まず受け入れてしまったほうがラクですわ

 先生は、そんなふうに考えて70年近く病院組織の中で淡々と仕事を続けてきたそうです。組織が自分に望んでいるタスクを、自分の好き嫌いや都合で判断せず、まずはコツコツと誠実にこなしていく姿勢を貫いてきた先生だからこそ、89歳になった今も求められる人材であり続けているのだと思います。

その2「声をかけやすい人になる/我は捨てる」

 私は中村先生とは約3年同じ病院で働いていました。その時先生はすでに70歳を超えていましたが、若い医師や看護師、スタッフからとても親しまれ愛されていました。その理由の一つは、「声をかけやすい」雰囲気にあると思います。

 病院のスタッフたちは「先生、この処置もついでにお願いできないですか?」などと気軽に頼んでいましたし、先生は「ああ、ええよ」と自分の担当患者さん以外の雑用であっても、気軽に引き受けてあげていました。

 「先生、この患者さんのケアプランどうしましょう?」などと若い看護師から相談を受けたら、「そうやなあ、私はこう思うんやけど、あなたはどう思う?」などと、上意下達ではなく、常に相談しましょうという雰囲気で対話をされていました。

 先生には、「この仕事は私の仕事じゃない」とバリアを築くのではなく、自分のできる範囲で臨機応変にスタッフと協力し合うという姿勢が常にあります。逆に自分が分からないこと、例えばパソコンの操作などについては「ちょっと教えて~」と素直にヘルプを求め、助けてくれたスタッフに対しては「ありがとう、助かったわ」としっかり相手の労をねぎらい感謝される。この「持ちつ持たれつの関係」をいつも築いているからこそ、多くのスタッフに慕われ頼りにされているのだと思います。

 また先生には「年上だから」とか「先輩だから」といった妙なプライドや我が全くなく、自分より年下の医師やスタッフにも常に対等な意識で接するのも特徴です。

 どんなスタッフに対しても「私はこう思うけど、あなたはどう思うの? どうしたいの?」と常に相手の考えや希望を確かめながら、折り合いを見つけつつ事を進める。また、もともと出世や名誉に対する欲がない先生は、自分よりはるか年下の医局長や院長といった上司にも、妙な劣等感や嫉妬を抱くことなく自然なフレンドリーな態度で接していかれます。

 先生の中では、「自分は自分。他人は他人。他人の人生と自分の人生を比べても仕方がない」という意識が常にぶれずにあるようです。戦中戦後の混乱と激変の世の中で生き抜いていくためには、いちいち他人と比較して落ち込んだり嫉妬したりする暇はなかったのかもしれません。

 「他人さんのことなんか気にしている暇あったら、目の前の仕事をこなそう

 「皆それぞれの立場で、たくさんの悩みや苦しみを抱えている。どんな立場になっても悩みや苦しみは常について回る。だから羨んだりしても意味がない」

そんなふうに先生は考えているようです。

 転職したり定年退職後に再雇用されたりする人もどんどん増えている世の中ですが、先生の人間関係の築き方、捉え方は大いに参考になると思います。

 さて、今年も8月15日に、日本は73回目の終戦記念日を迎えます。中村先生とお話ししていると、戦中戦後の想像を絶する混乱期を生き抜いてきた日本人がいかにタフで強かったか、我慢強かったかが身に染みて分かり、敬服の念を禁じ得ません。

 物質的にも経済的にもはるかに豊かになった日本で、生命の危険なく働けている平和に感謝しつつ、私自身もっとストレスに打たれ強くならなければと背筋が伸びる思いがします。この拙稿を通じて、読者の皆様にも中村先生が持ち続ける戦中世代の力強さをその片りんだけでもお伝えすることができれば幸いです。

こちら「メンタル産業医」相談室

第24回 「隠れ疲労」の兆候を感じたら、何も予定を入れない休日を
第23回 梅雨の隠れ疲労、放置すると「夏うつ」? 解消する3つのヒント
第22回 会社の健康診断、「今年はパス」はアリ?
第21回 実は多い「上司がストレス」、部下との会話で意識すべきこと
第20回 春のメンタル不調対策、意識的な「手抜き」で緩み時間を増やす
奥田弘美(おくだ ひろみ)さん
精神科医(精神保健指定医)・産業医・労働衛生コンサルタント
奥田弘美(おくだ ひろみ)さん 1992年山口大学医学部卒。精神科医および都内20カ所の産業医として働く人を心と体の両面からサポートしている。著書には「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」(扶桑社)など多数。日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ日本人に合ったマインドフルネス瞑想の普及も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.