日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 仕事はできるのに「困った社員」…誰もがうなずく、その特性  > 2ページ目
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

仕事はできるのに「困った社員」…誰もがうなずく、その特性

第33回 気づかぬうちに残念なパターンに陥らないために

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

 またイライラしたらつい嫌みや皮肉を言ってしまうという人は、コーチング(部下などの自発的行動を促す指導法)やアサーティブネス(自他を尊重した自己表現のこと)などのコミュニケーション法を学んでみると、他者への言葉の影響が理解できるとともに適切な表現方法が学べると思います。

【ケース2】会社に対する批判を声高に繰り返す

 仕事ができる社員の中には、頭が鋭く回転する人が多くいます。そのせいか会社の制度の欠陥や、作業手順や人事制度の不合理性にも敏感に気づくことが少なくないようです。そのため、中には声高にそのことを社内で指摘する人がいます。しかるべき会議で改善ポイントとしてオフィシャルに提案したり、自分の上司や役員に改善を適切に要望したりするのであれば問題ないのですが、同僚や後輩相手に会社の批判をガンガン繰り返し、不満をぶちまける社員が時々います。会社側としては、これが非常に困るわけです。

 仕事ができると一目置かれている社員は、社内でもカリスマ性や影響力を持つ場合が多いため、その社員が若手社員に会社の批判を繰り返すと若手社員もそれに同調し、会社に不満を持つようになってしまいます。そうなると会社へのロイヤリティーが低下し、仕事の質が下がる原因になりかねません。最悪の場合は離職にもつながってしまいます。

会社への批判を繰り返す人に、内心うんざりしている同僚もいるかもしれない。写真はイメージ=(c)Aleksandr Davydov-123RF

 仮に若手社員がそれに同調しなかったとしても、先輩社員からしょっちゅう会社の批判や悪口を聞かされるのはストレスがたまります。「先輩で職位も上の人なので、会社に対する愚痴や批判でも一応ちゃんと聞かなきゃいけない。でも安易に同意して自分も同じ意見だと会社に思われたら困るので、すごく対応に気を使って疲れ果てました」と、軽いメンタル不調になりかけていた社員に出会ったことがあります。

 こうした不満社員を上司に持つ人の場合、「愚痴や批判ばかり聞かされるのはつらいので、直属の部下から外してほしい」と異動希望を出すこともあります。

 仕事ができ利益も上げている社員に対しては会社側もなかなか面と向かって注意や指導がしにくいようですが、あまりにも社内の士気を下げたり後輩社員に悪影響を与えたりするようだと、評価が相殺されマイナスになることもあるので要注意です。

 本連載をお読みの方はきっと意識の高い仕事熱心な方が多いと思われますが、もし会社の仕組みや制度に不満や欠陥を感じているとしたら、安易に後輩や同僚に愚痴るのではなく、建設的な改善プランとして会社や上司に前向きに提案されることをお勧めします。

 同僚や後輩社員相手に批判や愚痴を繰り返すと、まわりまわって会社の経営陣に伝わり、「反体制派」「危険人物」とレッテルを貼られることになりかねません。そうなると、せっかくの仕事での頑張りや努力が台無しになります。ストレスがたまって愚痴りたいときは、会社と関係のない人を相手に毒出しするように心がけましょう。

 以上、仕事ができるのに会社や人事が困る社員のパターンを2つに分けてご紹介しました。次回「仕事はできるのに『困った社員』…休日や夜中のメールはやめてほしい!」ではさらに2つのパターンをご紹介したいと思います。お楽しみに。

こちら「メンタル産業医」相談室

第32回 過労、異動、人間関係…高ストレス状態の時のセルフケア術
第31回 産業医が見た、タフネス社員が心を病む3つのパターン
第30回 黒田官兵衛に学ぶ、ストレス社会を生き抜くヒント
第29回 天国と地獄を味わった武将・宇喜多秀家に学ぶストレス対応術
第28回 健診受けっ放しはダメ! 呼び出し無視するとこんなリスクが…
奥田弘美(おくだ ひろみ)さん
精神科医(精神保健指定医)・産業医・労働衛生コンサルタント
1992年山口大学医学部卒。精神科医および都内20カ所の産業医として働く人を心と体の両面からサポートしている。著書には『心に折り合いをつけて うまいことやる習慣』(すばる舎)、『1分間どこでもマインドフルネス』(日本能率協会マネジメントセンター)など多数。日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ日本人に合ったマインドフルネス瞑想(めいそう)の普及も行っている。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.