日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > ストレス・疲労に負けない食事の基本は「赤黄緑を1:1:1」
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

ストレス・疲労に負けない食事の基本は「赤黄緑を1:1:1」

第9回 「朝は缶コーヒー、昼はラーメン」になっている人は要注意

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

 こんにちは、精神科医の奥田弘美です。初夏の訪れを肌で感じる日々となりました。あなたの心と体はお元気でしょうか? 今回は、ビジネスパーソンに知っていただきたい食の基本に関して書きたいと思います。

 ただしあらかじめ申し上げておきますが、本記事は、私が産業医・精神科医として実際に企業で行っている「心と体の健康アドバイス」をベースに執筆しています。そのため厚生労働省の定める日本人の食事摂取基準にできるだけ沿った標準的な食事理論を基本として解説していきます。グルテンフリーなど最近話題の食事法や、サプリメントを使わないと栄養不足になるとか、牛乳を飲んではいけないといった新手の栄養理論は長期的な安全性や普遍的な効果が検証されていないため採用していませんのでご了承ください。

忙しくてもいつも元気に仕事をしている人の秘密は「食事」にあった(c)PaylessImages-123rf

ストレス・疲労に強い人は、食事をおざなりにしない

食事と睡眠、この2つの行為をおろそかにしないことが気力・体力を常に維持する秘訣(c)Dmitriy Shironosov-123rf

 さて前置きが長くなりましたが、私が多くのビジネスパーソンとカウンセリングを行っているなかで、いつも感じることがあります。それは「ストレスや疲労に対抗する力をコンスタントに維持している人ほど、睡眠と食事を大切にしている」ということ。

 ここで強調したいのは、「コンスタントに」という点です。

 例えば重責を常に担っているある管理職の50代男性の場合。40代の頃から海外出張をほぼ毎月こなしハードな交渉事も日常茶飯事らしいのですが、いつお会いしても物腰が柔らかく精神的にも安定されています。健康診断の結果も異常値はほとんどありません。

 「健康法は?」と尋ねると「寝ないと頭が動かなくなるタイプなので、可能なかぎり6時間は睡眠をとるようにしています。食事は特にこだわっているわけではありませんが、できるだけバランスには気をつけて、食べ過ぎないようにしています」とのこと。

 30代の営業職の女性は、男性でもハードルが高いと感じるレベルの数字目標を毎月クリアしているそうですが、いつもニコニコ、はつらつとしています。「ずっと実家暮らしで母が食事にうるさいこともあり、外食するときも栄養には気を配る癖がついています。とにかく睡眠不足にならないようにもしています。寝てないとお客様に対し機転が利かなくなるので」と教えてくれました。

 彼らはほんの一例ですが、私の経験上、ストレスや疲労にコンスタントに強く、心身ともにタフな方たちは、奇をてらわない一般的な健康法を自然に習慣として実践していることが多いです。特に食事と睡眠に関しては、ストイックに節制しているわけではないものの基本理論に忠実です。この2つの行為をおろそかにしないことがコンスタントに気力・体力を維持する秘訣であることを、彼らは経験的に学んでいるのでしょう。

 働く人の体力・気力・知力の維持に、睡眠がいかに大切であるかについては、第3回『長時間労働はなぜ悪いのか? 医師が明かす「その怖さ」の理由』で詳しくお伝えしたので、本稿では省きたいと思います。

 その睡眠と同じくらい大切な行為が、「日々の食事」です。食事をおざなりにすることは、体中の細胞に良質な栄養を与えないということ。当然その細胞には、脳細胞も含まれます。

「日々の食事」が思考力・判断力のもと

 脳細胞では、冷静な判断力や思考・認知能力に関与するセロトニンや、モチベーションや学習能力、集中力に関与するドーパミンといった神経伝達物質が合成されますが、これらの物質は、食事で取り入れた栄養が原材料となりつくり出されます。また睡眠中には脳の下垂体から成長ホルモンが放出され、損傷した体組織のメンテナンスが行われることで疲れが回復しますが、この成長ホルモンも食事から摂取する栄養で合成されます。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.