日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 連休の過ごし方に注意!「変化疲れ」が五月病の原因に【後編】  > 2ページ目
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

連休の過ごし方に注意!「変化疲れ」が五月病の原因に【後編】

「体を疲れさせない」過ごし方がポイント

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

 さらに会社・学校関係が一斉に新年度に突入し社会的変化が重なるため、緊張度が知らず知らずに高まり、弱っている自律神経の疲労にさらに追い打ちをかけてしまいます。

 しかしうれしい変化が重なっている方は精神的に高揚しているので、悲しい変化・辛い変化が起こった時に比べて疲労度を感じにくくなっています。そのためエネルギーが消耗していることに気づかず、「期待に応えて成果を上げよう」「家族のために頑張ろう」と無理を重ねる恐れがあるのです。

 繰り返しますが今年の冬あたりから春にかけて多くの変化を経験した人ほど、「変化疲れ」が蓄積していることを自覚して、この連休中やそれ以降は次のような生活を心掛けてください。

「変化疲れ」から脱するため、連休以降に心がけること

ハードなスポーツなどをした場合は、出勤までに1日は疲労回復日を入れよう(©dolgachov-123rf)

  • 体に疲れを残すようなハードなレジャー、スポーツや遠方への旅行は慎む(すでに旅行を計画してしまっている人は、できれば出勤するまでに1日は疲労回復日を入れてください。それが無理ならば次の土日には予定を入れず、自宅で休息してください)
  • 心身がゆったりほぐれるような時間を意識してたくさん持つ
  • 時間に追われないでボーッと過ごす日をつくる(1日が無理なら半日でも!)
  • 新たに資格試験勉強を始めたり、禁煙やダイエットをしたり、新規の趣味を始めたりといった「自ら起こす新しい変化」はしばらく慎む
  • 他者との無防備なコミュニケーションが発生する交流サイト(SNS)や、時間を忘れて熱中してしまうゲームなどは、神経を高ぶらせ疲労が悪化するので控えめにする

 つまり「変化に変化を重ねない」「リラックス時間を増やして緊張を緩める」「体を疲れさせない」過ごし方がポイントとなります。また当然ながら疲労を回復させる基本である睡眠をしっかり確保してください。できれば7時間以上の連続睡眠が理想です。少なくとも6時間睡眠は死守してください(詳しくは連載第3回目の記事「長時間労働はなぜ悪いのか? 医師が明かす「その怖さ」の理由」を参考にしてください)。もちろん、普段から疲労回復度の高い良質なたんぱく質と緑黄色野菜などがしっかり含まれたバランスの良い食事を、きちんと食べることも大切です。

 次回はこの疲労回復と食事について、より詳しくお伝えしたいと思います。お楽しみに。

こちら「メンタル産業医」相談室

第7回 連休の過ごし方に注意!「変化疲れ」が五月病の原因に【前編】
第6回 過労死は「好きで仕事をしている人」こそ注意を
第5回 過労はサイレントキラー、気付かぬうちに体を蝕む
奥田弘美(おくだ・ひろみ)さん
精神科医(精神保健指定医)・産業医(労働衛生コンサルタント)・作家
奥田弘美(おくだ・ひろみ)さん 1992年山口大学医学部卒。精神科臨床および都内18カ所の産業医として日々多くの働く人のメンタルケア・ヘルスケアに関わっている。著書は「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「一流の人はなぜ眠りが深いのか」(三笠書房)など多数。日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ日本人に合ったマインドフルネス瞑想の普及も行っている。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.